風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
2021年アニメ

【考察】白い砂のアクアトープ 第4話 感想レビュー やっぱり母(宮沢絵里)が来ちゃったよ

オペレーター
オペレーター
テレビアニメ『白い砂のアクアトープ』の第4話「長靴をはいた熱帯魚」の感想レビューです。タッチプールを始めるがまがま水族館。一方、風花が元アイドルという事が、徐々に周囲に知れ渡って・・・

長靴をはいた熱帯魚

タッチプール

ひとみん
ひとみん
↓ネタバレOKな方は、右のマークをポチっとしてあらすじを見てね
あらすじ ネタバレ →
  • STEP01
    タッチプール
    夏のイベントとしてタッチプールを開催するがまがま水族館。館長のくくるは、風花を案内係にする。風花は、自ら考え創意工夫をして、準備にあたる。全員で準備をする中、腰痛で休んでいた具殿轟介が職場復帰する。具殿轟介は、アイドル好きで風花の事も知っていた。具殿轟介から、風花が元アイドルであることが、照屋 月美、仲村 櫂、久高 夏凛に伝わる
  • STEP02
    元アイドル
    タッチプール開始当初、意欲的に子供たちの案内をこなす風花。順調な滑り出しに、安心したくくるは、その場を離れるが、風花が元アイドルという事がバレて騒然とする。居合わせた久高夏凛がその場を収めて、具殿轟介が案内係を代わり、くくるが風花を避難させる。

新キャラ登場「具殿轟介」

オペレーター
オペレーター
新キャラの「具殿轟介」が登場しました。厳つい容姿ですが、気さくで優しい人柄。見かけによらずアイドル好きと言う意外な一面もあります。
ドロシー
ドロシー
腰痛持ちなのに力仕事大丈夫なのかしら
円城寺
円城寺
度々、再発しそうな感じでしたね

スポンサーリンク

風花、母襲来

嵐の予感

前回、危惧した通り、Cパートで宮沢風花の母(宮沢絵里)が、がまがま水族館に乗り込んできました

円城寺
円城寺
風花、驚いてましたね
ドロシー
ドロシー
いやいや、それぐらい想定しておけよって感じだけどね
ひとみん
ひとみん
連れ戻しに来たのかな?
ドロシー
ドロシー
それしかありますまい

遂に宮沢風花の母(宮沢絵里)登場。ゆったりした沖縄の空気感に似合わない

円城寺
円城寺
いやあ、本当に空気感が合わないですね
ひとみん
ひとみん
こんな母から、あんな優しい女の子が生まれたなんて
風雅
風雅
女の子は父に似るって言いますからね

ツインテール風花

円城寺
円城寺
次週は、風花ツインテールにするんですね

 

張り切る風花

アイドルに未練?

オペレーター
オペレーター
タッチプールの案内係を任された風花は、自らアイデアを考えて、前向きに取り組みます
ドロシー
ドロシー
頼りなかった時からちょっと前進って感じね
ひとみん
ひとみん
でも、準備している時にアイドル時代の事を思い出していたね
円城寺
円城寺
未練があるのでしょうか?
風雅
風雅
何とか断ち切って欲しいですね
ドロシー
ドロシー
それ風雅君の願望だから(笑
風花はアイドルに未練がある

赤い長靴

オペレーター
オペレーター
子供の喜びそうなものを見繕っていた風花が赤い長靴を選びました
ひとみん
ひとみん
タイトル回収!
ドロシー
ドロシー
「長靴をはいた熱帯魚」って宮沢風花の事だったんだね

スポンサーリンク

人前に立つ風花

仲村 櫂のぎこちない優しさ

円城寺
円城寺
仲村櫂が風花に対して、座ったら?とか、テレビ観る?とか気を遣ってましたね
ドロシー
ドロシー
滅茶苦茶ぎこちないけど、純な優しさよね
ひとみん
ひとみん
風花が所属していたアイドルグループが登場したら、急にチャンネル変えたりとか微笑ましい

立往生

オペレーター
オペレーター
タッチプールで、子供たちに対して案内係をしていた宮沢風花ですが、通りがかった若者グループが、アイドル時代の風花を知っていて、騒ぎになり立ち往生します
ひとみん
ひとみん
ドロシーみたいなやつだ!ドロシーも2話のレビューで、「元アイドルの客寄せ」にすれば?、とか言っていた
ドロシー
ドロシー
まあ、一度は超えないといけないトラウマよ
円城寺
円城寺
でも久高 夏凛が、若者グループをスマートに窘めていましたね

寝坊した風花

オペレーター
オペレーター
翌朝、風花は珍しく寝坊しました
風雅
風雅
疲れてたんですね
ひとみん
ひとみん
寝る前にくくるは二冊の母子手帳を思い返していたね
円城寺
円城寺
そうですね。空白の母子手帳がこれからどう絡んでくるのか気になりますね

余談:タッチプールのおススメ

オペレーター
オペレーター
今回、タッチプールが題材として取り上げられました。そこで、おススメのタッチプールを幾つかご紹介します

大分・うみたまご

大阪・海遊館

新江の島水族館

【2021夏クール おススメのアニメ】

【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第1話 感想レビュー テーマは「アンチテーゼ」か「連帯」かアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第1話「夏の果ての島」の感想レビューです。普通の異能モノと違って個性的な能力が登場します。例えば、ネコが望むものを届けてくれる「ニャマゾン」は「アマゾン」のパロディと思われます。そうした、個性的な能力を観察しながら、作品のメインテーマを考察します。また、同じ監督、アニメ制作会社、主要キャストで制作された過去の作品との関連なども分析します。...
【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第2話 感想レビュー 不正を憎む炎が全てを燃やすアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第2話「エイリアンズ」の感想レビューです。諦めが先に立ち行動できない長良と、不正が許せなくて、素直になれない瑞穂に対して、行動変容を促すストーリーです。促すのは、もちろん希。十五少年漂流記のように、無人島で少年少女たちが如何にして、コミュニティを構築していくかが描かれます。...
3話タイトル上海
【考察】SonnyBoy(サニーボーイ) 3話ネタバレ感想 格差社会と必要な人間アニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第3話「下駄を履いたネコ」の感想レビューです。HYO-RYU-COINの流通により、否応なしに貨幣経済に組み込まれていく生徒たち。格差が広がる、階級社会でもがく生徒たちの苦悩と、他人から必要とされる大事さに気づく長良が描かれます。...

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST