風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
2020年アニメ

【グレートプリテンダー レビュー&考察】第17話CASE4_3: Wizard of Far East

円城寺
円城寺
テレビアニメ『GREAT PRETENDER』(グレートプリテンダー)第17話「人から尊敬される人間であること」のレビュー&考察です。新キャラも登場してお話は急展開です

『道徳心よりも大事なもの』とは

「魔法使い」が意味するもの

円城寺
円城寺
アバンからAパートの前半にかけて、枝村(エダマメ)とお母さんの別れのエピソードでした
ドロシー
ドロシー
お母さんの「道徳心よりも大事なもの」発言はグッとくるし哀しくなるわ。でも、穏やかに逝ったみたいでそれが救いね
風雅
風雅
その言葉と魔法使いの人形が今後、キーになりそうですね
円城寺
円城寺
でも、本当にいいお母さん。魂は安らかであって欲しいと願わずにはいられません

タバコを吸う枝村(エダマメ)を気にするアビゲイル

円城寺
円城寺
一方、アビゲイルとの会話ではタバコを吸う、枝村(エダマメ)を気に掛けるアビーが印象的でした
風雅
風雅
”木乃伊取りが木乃伊になる”を気にしているのでしょうか
ドロシー
ドロシー
染まらなきゃいいわね

上海の組織との通訳を任される枝村(エダマメ)

円城寺
円城寺
上海の対立組織との話し合いの通訳に抜擢される枝村(エダマメ)ですが、この対立構造は良く聞く話ですよね
ドロシー
ドロシー
現地の人に色々とノウハウを教えて世話をして、大きく育てたら、恩義も忘れて、敵対的態度をとるようになり、「庇 (ひさし) を貸して母屋を取られる」が如くになるってやつね

スポンサーリンク

詐欺がバレた!

父との再会!

円城寺
円城寺
そして枝村(エダマメ)は思わぬ形で父との再会を果たします
ドロシー
ドロシー
お父さんが香港側の通訳をしていたのね。その後の展開はあれよあれよの急展開だけど、ローランが絡んでいるので、全体が”騙し”の大舞台って感じじゃないかな

お互いにリスペクトの無い対立構造

円城寺
円城寺
東京と香港の組織の対立構造は、お互いにリスペクトの無い対立構造で衝突不可避という感じですね
ドロシー
ドロシー
”戦争”をやっちゃったら、ダメだから、その辺も含めて上手く収めるのがローランの言う”台本”なんでしょうね。これからどうやって収めていくかが見所かな

午前3時の脱走劇は大失敗

円城寺
円城寺
「お父さんを助け出してやれ」ってアビーに言われて、父を脱出劇に勧誘する枝村(エダマメ)です
ドロシー
ドロシー
この辺のアビーの煽りも、お芝居っぽい
風雅
風雅
極めつけは、来たのが面が割れているシンシアで、ローランでは無い所ですよね。どうもこの脱走劇は失敗が前提のようですね
円城寺
円城寺
お父さんの裏切りで、石神たちに捕まった枝村(エダマメ)、アビゲイル、シンシアたちですが、さてこれからどうなるのか、というところで引きでした

スポンサーリンク

第17話「アウトライン」

主要登場キャラ

尾崎誠司

通称オズ。枝村(エダマメ)の父親。児童人身売買の罪で服役後、上海「龍虎幇」に通訳兼弁護士として引き取られる。逮捕時は完全黙秘だったことが、石神によって語られる

陳堯

上海「龍虎幇」のナンバー2。マッチョな巨体で顔に傷が有り、見るからに暴力団風な容姿。粗暴で粗野な男。

タイムテーブル

  • STEP01
    アバン
    枝村(エダマメ)の子供の頃の描写①お母さんに漢文を教わる。②父が裁判所で弁護する姿に誇らしそう③帰路につく枝村(エダマメ)と父と母の親子三人④父親逮捕のニュースを見て倒れる母親
  • STEP02
    オープニング映像
    通常オープニング
  • STEP03
    Aパート
    病床の母親を見舞う枝村(エダマメ)。母親は渡された”魔法使いの人形”を気に入る。そして、枝村(エダマメ)に「道徳心よりも大事なものが有る」と諭すのだった。母親はその後、息を引き取る。時は現在に戻り、アビゲイルの前でタバコを吸う枝村(エダマメ)。アビゲイルはその様子を気に掛ける。ある朝、早朝から電話で起こされる枝村(エダマメ)。会長の朱雀アケミに呼び出された枝村(エダマメ)は中国語の通訳を命じられる。相手は上海の元下部組織で現在は対立している「龍虎幇」であった。現れた「龍虎幇」の幹部陳堯に付き添う相手側の通訳は、なんと枝村(エダマメ)の父親尾崎誠司であった。朱雀アケミと陳堯の話し合いの通訳をした枝村(エダマメ)だが、心ここにあらず。そして話し合いも決裂した。話し合いの後、全てがローランの差し金と悟った枝村(エダマメ)はタバコの火を要求する石神をおいて、駆け出すのであった
  • STEP04
    Bパート
    女性をナンパしていたローランにいきなり「ラリアット」を見舞う枝村(エダマメ)。ローランに文句を言うが、反論されて言い返せない。その際、午前3時に作戦を決行すると告げられる。アビゲイルに相談に行く枝村(エダマメ)だが、タバコを咎められその場を後にする。出て行こうとする枝村(エダマメ)にアビゲイルは「助けてやれ」というローランのサインではないかと告げる。意を決して父親に会いに行った枝村(エダマメ)。父親は、今の状態から抜け出したいが勇気がなかったと、後悔と謝罪の意を示した。枝村(エダマメ)は父親に「一緒に逃げよう」と言い、午前3時の脱出劇に誘った。尾崎誠司も加えた脱出作戦は成功したかに見えたが、待ち構えていた石神達に捕まって失敗に終わった。石神達に情報を流した裏切り者は尾崎誠司であった
  • STEP05
    エンディング映像
    通常エンディング

 

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST