風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
平家物語

【考察】アニメ「平家物語」7話 「清盛、死す」ネタバレ感想レビュー 

オペレーター
オペレーター
テレビアニメ「平家物語」第7話「清盛、死す」の考察です。今回は、平家物語巻の六部分、南都炎上(これは巻の五)から、高倉上皇崩御と、平清盛の死までが描かれました

南都炎上

都還り

オペレーター
オペレーター
前話で福原遷都しましたが、わずか半年で都還りとなりました
円城寺
円城寺
この事で、奈良興福寺の大衆(僧兵)は、清盛が以仁王の挙兵の際の報復をするために戻って来たと疑って騒いだのですね
ひとみん
ひとみん
この時期、奈良で毬杖(ぎっちょう)という遊戯が流行って、清盛の頭をボールに見立てて、それを打って憂さを晴らしてたんだね
ドロシー
ドロシー
毬杖(ぎっちょう)って、冒頭で、平敦盛と平清経が遊んでいた奴ね。それにしても寺社勢力も無体よね

元々、比叡山延暦寺が、「都を京都に戻せ」と要求したのに、戻ったら戻ったで、今度は南都が難癖を付ける

奈良坂・般若寺の戦い

オペレーター
オペレーター
作中は、瀬尾兼康の派遣から描かれます。

省略されていますが、南都の狼藉を鎮めようと、まずは学問所・勧学院の別当藤原忠成が興福寺に派遣されますが、元結いを切ると脅されて追い返されます。次いで、右衛門督の藤原親雅が派遣されますが同じように追い返されます。業を煮やした清盛は瀬尾兼康を派遣します。

円城寺
円城寺
下手に出ると益々興福寺側が狼藉をするのですね

無防備・無抵抗なのを良い事に、瀬尾兼康の家来を60人余り、首を切り、猿池のほとりに並べました。

スポンサーリンク

ひとみん
ひとみん
ここで清盛が激怒。平重衡を総大将にして、4万の軍勢で南都を攻めます

南都側は7000人の僧兵が、「奈良坂」と「般若寺」の2か所に砦を築き、迎え撃つ

後から見ると、平重衡は平家のエース的存在。一の谷合戦で源義経に敗れるまで、連戦連勝でした。しかし、地の利を得ている僧兵たちを鎧袖一触することは難しく、「奈良坂」と「般若寺」の砦を墜とすのに一日かかります。そして夜に。

奈良炎上

円城寺
円城寺
夜戦に備えて、火を灯したところ、寺院の伽藍にも燃え移り、東大寺大仏殿や興福寺などが焼け落ちました
オペレーター
オペレーター
これが事故なのか、故意なのかは歴史上論争の有るところですが、作品では意図せずという見方をとっていました
円城寺
円城寺
重盛の子供たちと敦盛の集まりで、維盛がネガティブに愚痴をいいますが、資盛が成長を見せます

(資盛)兄上、今日は母上のご機嫌伺いに参ったのです。暗い顔をなさらぬよう。それに我らがここで何を話そうと南都は元にもどりませぬ

ひとみん
ひとみん
どっちがお兄ちゃんかわからない!

都では法皇や上皇が「悪僧を滅ぼすためとはいえ、伽藍を焼討ちする事は正当化できない」という空気が支配的になり、正月も各種行事が自粛になり、寂しいものとなる。

寂しく正月を過ごすびわ、清経、敦盛

高倉上皇崩御

徳子、清盛に反抗

オペレーター
オペレーター
高倉上皇は容体が優れず、崩御するのは時間の問題でした
円城寺
円城寺
6話の考察で少し、触れましたが、高倉上皇が崩御すると、政務を見る皇族が後白河法皇だけになるので、再び、後白河院政が再開されるのですね
【考察】アニメ「平家物語」6話 「都遷り」ネタバレ感想レビュー テレビアニメ「平家物語」第6話「都遷り」の考察です。今回は、平家物語の五巻部分、福原遷都から、富士川の戦いまでが描かれています。平家物語は悲劇ですが、あまりヘビーにならないように適度にコミカルさを加えています。また、前話でやり過ぎ感があった維盛や徳子の描写ですが、原作や史実から離れ過ぎないようになっています。また、清盛が主義主張をする機会があり、よりフェアになってます。...

(平時子)上皇様が崩御なされた後の貴方の身の振り方なのですけどね。後白河法皇の後宮に入ってはどうかと。

(平清盛)安徳天皇はまだ幼い。朝廷にしっかりした後ろ盾があった方が安心だろう?この話進めても良いな

ドロシー
ドロシー
後白河法皇が”治天”になるのね。そこで清盛と時子が考えたウルトラCが、徳子を後白河法皇の後宮に入れる事。ところが徳子はいつの間にか強くなっていた

毅然と拒絶する徳子

スポンサーリンク

風雅
風雅
徳子に平滋子のような役回りを期待したんでしょうね

(平徳子)もし、無理にでもとおっしゃるのなら・・・出家します

オペレーター
オペレーター
徳子が拒絶するとは思ってなかったのか、清盛と時子は大いに慌てます
円城寺
円城寺
清盛と時子の慌て具合がコミカルですね。悲劇なので、深刻で暗いお話ですけど、こういうユーモアのあるシーンを入れる事で観易くなっていますね

びわの霊視に見える親子3人

ここで、徳子がびわと話すシーンに切り替わる。徳子の横顔でトランジションするが、切り替わる前の横顔は瞳が揺れ動くが、切り替わった後の横顔は、穏やかになる。

切り替わる前の横顔。憤りを象徴するかのようの瞳が揺れ動く。

びわを見送る、徳子と安徳天皇。びわの霊視の眼には、高倉上皇も観える

清盛の最期

各地の反乱

オペレーター
オペレーター
各地で反乱が勃発するとともに、清盛が熱病に侵されるようになりました

木曾義仲の挙兵が伝えられる。その後、敦盛が河内でも、九州でも、熊野でも、と話す。

ひとみん
ひとみん
誰が反平家の兵をあげたの?

河内:武蔵権守入道義基、石川群判官代義兼。兵数300騎

九州:緒方維義

熊野:熊野の別当湛増

ドロシー
ドロシー
熊野の湛増は、以仁王の挙兵の時は、平家に着いて密告したのに今度は源氏についた。それだけ時流が源氏に向いていると皆が判断したのね

スポンサーリンク

オペレーター
オペレーター
宗盛が討伐に行くとの話を聴いて敦盛は「宗盛で大丈夫か」と不安になります。

しかし、清盛危篤の報で出兵は中止になる

熱病と二位殿の夢

平清盛の体は火のようでした。清盛が寝ている場所に近づいた者は、熱さに耐えられませんでした。清盛はただ、「あつい、あつい」とうわごとを口にするばかり。水で清盛を冷まそうとしましたが、水がほとばしって飛び散ってしまいました。

オペレーター
オペレーター
その時、平時子は不吉な夢をみます

猛火が燃える車。前後には、牛の顔をしたような者や、馬の顔をしたよう者がついている。車の前には、「無」という文字だけが記された黒金の札が打ち付けてある。

(閻魔の使い)清盛入道を迎えにあがりました。あの方は、寺を焼き大仏を焼き、その為、今炎に焼かれております。この後は、無間地獄の底に沈まれる事でしょう。

清盛の遺言

オペレーター
オペレーター
そして清盛に最後の時が訪れます。残した遺言は・・・

(清盛)ワシの骨と灰は福原の浜に。現世の望みは残さず達した。ただ、ただ頼朝の首を観なかった事だけが心残り。ワシが死んだ後は、お堂も塔もいらぬ。供養もするな。すぐに討っ手を送り頼朝の首をはね、ワシの墓の前に掛けよ。徳子は・・・まだヘソをまげておるのかの・・。

ドロシー
ドロシー
最後まで厄介な遺言遺すわね。これで和解がし難くなったわ
円城寺
円城寺
どちらかが滅ぶまでやり合うしかなくなりましたね

スポンサーリンク

オペレーター
オペレーター
清盛の遺灰は、遺言通り福原の浜にまかれます

泥中の蓮

びわ、平家を追い出される

オペレーター
オペレーター
清盛の葬儀を終えた維盛が取り乱して、びわに問い質します

(維盛)教えよ!父上が亡くなり、おじい様も亡くなった!これから平家はどうなるのだ!我らはどうなっていくのだ!申せ!包み隠さず申してみろ!

(資盛)兄上!屋敷に戻ってお休みください

(維盛)知りたいのだ。北も東も西もみな源氏についたではないか。父上はいない。おじい様もいない。これから一体どうすれば・・・。

(資盛)そんな風だから、水鳥の羽音で逃げ出すのです。未来が見えたって、きっと何も出来ません、兄上は。

維盛はハッとして、びわに詫びを言った後、屋敷を去ります。

オペレーター
オペレーター
資盛はびわに平家から出て行くように言います
円城寺
円城寺
これは平家滅亡にびわを巻き込まない為ですが、びわもわかっているようです

(びわ)解っておる。資盛の事は、ようよう分かっておる

泥の中でも咲く花に

幽閉が解かれた後白河法皇と平徳子の会話が描かれます

(平徳子)望まぬ運命が不幸とは限りませぬ。望みすぎて不幸になった者たちを多く見てまいりました。得た物の代わりに何を失ったのかもわからず、ずっと欲に振り回され。わたくしは泥の中でも咲く花に成りとうございます

女人五つの障りあり 無垢の浄土は疎けれど 蓮花し濁りに開くれば 龍女も仏に成りにけり

悟りをひらいたような平徳子

ひとみん
ひとみん
これの意味は?

(大意)女は五障を持っている。浄土は遠いけれど,蓮華が泥の中で美しい花を咲かせるように竜女も仏となった。

”五つの障り”は、梵天王,帝釈,魔王,転輪聖王,仏に成れない、という意味です。

オペレーター
オペレーター
それに対する後白河法皇の想いは冷徹なものでした

(後白河法皇)しかしのう。そなたはもう無間の泥の中に引きずり込まれておるのだ

ドロシー
ドロシー
いやいや。お前が引きずり込んでるんだろう
円城寺
円城寺
ホント。どの面で言うか、ですね

平滋子の心得

風雅
風雅
1話で退場となりましたが、平滋子の心得がちょっと対照的かな、と感じました

「女はただ心から、ともかくもなるべき物なり。親の思ひ掟て、人のもてなすにもよらじ。我心をつつしみて、身を思ひくたさねば、おのづから身に過ぐる幸ひもある物ぞ」(たまきはる)

(超意)女性は心がけ次第。親や周囲のせいにせずに、自分の考えをしっかり持って行動することが大切です。自分を大事にして、且つ自己中心的にならず、慎み深くしていれば、そのうち幸せになれる

円城寺
円城寺
なるほど。平徳子と似ているようでかなり異なりますね
ひとみん
ひとみん
続きはこちら
【考察】アニメ「平家物語」8話 「都落ち」ネタバレ感想レビュー テレビアニメ「平家物語」第8話「都落ち」の考察です。清盛没後から、平家の都落ちまでが描かれました。北条政子が登場。木曾義仲も本格的に登場。また、ラストには謎の少女が登場します。平家を追い出されたびわの動向と、源平の争乱が並行して描かれますが、歴史的な推移を捕捉しながらレビューしたいと思います。...
ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。