風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
平穏世代の韋駄天達

【考察】平穏世代の韋駄天達 第1話 第2話 第3話 ネタバレ感想

オペレーター
オペレーター
大人向けテレビアニメ『平穏世代の韋駄天達』の第1話「平穏」、第2話「黒南」、第3話「飄」の感想レビューです。カワイイ絵柄とは裏腹に、アバンギャルドなグロ表現を厭わないMAPPA制作のアニメで、内容的にも倫理観がぶっ飛んでいるので、メンタルが成熟していて、包容力がある中身が大人の人向けのアニメと言えます。「ポリコレ絶対」という狭量な方には向きません
ひとみん
ひとみん
この作品、3~4話くらいまで観ないと構図や世界観が解りづらく、楽しめない部分もあると思うので、1回目の記事は1~3話まで一気にご紹介します

平穏

魔族封印800年後の世界

あらすじ ネタバレ→
  • STEP01
    修行の後で
    戦いの神々韋駄天が、魔族を封印してから800年。その時の事情を知る唯一の韋駄天リンは、新たな世代の韋駄天ハヤトに修行をつける日々。ハヤトは、ある日、修行が終わった後、同じ世代の韋駄天イースリイ、ポーラと人間が集まっているという場所に出かける。そこでは、帝国ゾブル軍が800年前に氷漬けにされた、魔族の「ギュードくん」を復活させようとしていた。
  • STEP02
    ギュードくん
    イースリイの指示で偵察に来たポーラを見て、ギュードくんが本能的に攻撃を仕掛けてくる。イースリイ、ポーラではギュードくんに敵わないが、ハヤトが余裕でギュードくんを倒す。ギュードくん復活を仕掛けたオオバミ博士は、その場からジェット機で逃走するが、ハヤトにあっさりと撃墜される。しかし、オオバミ博士は、遠隔操作されたロボットであり、自爆する。一方、イースリイはギュードくんを隠し、自らの研究所に回収を指示する

原作、天原

オペレーター
オペレーター
世間的には、クール教信者の3作目とみられがちですが、原作は、天原です
円城寺
円城寺
なので、結構エッジの効いた表現があるので、「ポリコレ」好きとかいう人は避けた方が良いですね
ドロシー
ドロシー
アニメ制作のMAPPAも、グロ方面では容赦ないからね

絵柄はかわいらしいのですが、表現、ストーリーとも倫理観がぶっ飛んでいて、内容は大人向けです

スポンサーリンク

黒南

修行と会議

あらすじ ネタバレ→
  • STEP01
    修行を始める
    魔族復活を知った、イースリイは身の安全を図る為、ポーラと共にリンの元で修行を開始する。これは魔族から、リンに守ってもらう為の方便だった。
  • STEP02
    会議を始める
    一方、魔族たちの巣窟と化したゾブル帝国では、オオバミ博士が韋駄天の対策会議を主催していた。

リンの元での修行

 

イースリイの韋駄天に関する説明

オペレーター
オペレーター
イースリイが韋駄天について説明するシーンが有ったのですが、高速で聞き取りにくい部分もありました。別途、全文が公開されているので、そちらをご紹介します

 

ドロシー
ドロシー
つまりあの一見無茶苦茶な修行も、ちゃんと理にかなっているって事ね
ひとみん
ひとみん
でもリンは意識していないという、理不尽さ
風雅
風雅
論理だてて説明は出来ないけど、経験値で解っているって事じゃないですかね
円城寺
円城寺
もう一つ重要な説明は、後半にあった、韋駄天のポリシーみたいなものですよね

韋駄天は人々の救いを求める心により誕生する。しかし、人間同士の争いには不介入。

風雅
風雅
突き放したような印象もありますが、「人間同士の争いは人間が解決しろよ」という事でしょうね
円城寺
円城寺
魔族相手とか、人間ではどうしようもない時に韋駄天の出番という事ですね

スポンサーリンク

2話は作中の世界観、特に韋駄天に関する情報が盛り沢山

ゾブル帝国

オペレーター
オペレーター
Bパートでは、魔族側のゾブル帝国も登場しました

ヒロイン格のピサラ陸軍大将

 

円城寺
円城寺
エンディングでスケボーやっているキャラですね
風雅
風雅
魔族側の構図の説明は、中途半端に終わりましたが、ゾブル帝国は人間の国で、そこに魔族が、人間の姿で入り込み、支配しているってカタチでしょうか
ドロシー
ドロシー
宰相は、人間で、魔族たちの会議の内容を盗聴しようとして、間者を放ったけどあっさりやられてたわね
ひとみん
ひとみん
つまり「魔族である」ということはヒミツという事ね

ゾブル帝国の中枢は魔族が抑えているが、彼らが魔族で有る事は、人間たちにはヒミツにされている

韋駄天最強vs魔族最強

あらすじ ネタバレ→
  • STEP01
    刺客
    魔族側はハヤトに発信機を着けて所在を把握しようとしていた。イースリイは発信機に気づき、魔族側の刺客をリンにぶつけるべく、発信機をリンに付け替える。魔族側は魔族最強クラスのニッケルを差し向ける。ニッケルは、ハヤトを圧倒する。リンが代わりニッケルと対戦する。リンはニッケルを簡単に倒してしまう。
  • STEP02
    腹黒メガネ
    イースリイは、ニッケルの首を持ち去り、プロンテアに連絡を取る。

 

スポンサーリンク

腹黒メガネの思惑は?

オペレーター
オペレーター
リンの強さと共に、イースリイの腹黒さが炸裂したエピソードでした
ひとみん
ひとみん
魔族をリンに押し付けたり、イースリイって思考が合理的
風雅
風雅
そのお陰で、韋駄天側には犠牲者が出なかったわけですね。イースリイって韋駄天なんですけど、韋駄天らしさを捨て人間のような狡猾さを身につけた感じでしょうね
円城寺
円城寺
魔族がゾブル帝国を隠れ蓑にしているように、イースリイやプロンテアも何かを隠れ蓑にしているという事ですね

前衛的なMAPPAのアニメ表現

アバンギャルドなアニメ

オペレーター
オペレーター
アニメ制作は、史上初めてアニメで、キネマ旬報年間1位(読者選定と2冠)を取ったMAPPAです
風雅
風雅
近年は、ドロヘドロとか、呪術廻戦とか、グロ表現も厭わないスケールの大きな作品を手掛けていますが、色々なバリエーションの作品を制作することで、進化しようとする姿勢が見えますね
円城寺
円城寺
エンタメ側に振り切った作品もありますし、芸術寄りでキネマ旬報の順位を理解する位目が肥えた人でないと評価できないような作品もあったり、様々ですね

色使いが前衛的

オペレーター
オペレーター
オープニングから、鮮やかな色彩を使った見応えのある動画が観れます
円城寺
円城寺
最近で言うと、呪術廻戦の1期オープニングなんかも見応えがありましたが、この作品のオープニングも目を奪われるようなポップさですね
ドロシー
ドロシー
MAPPAらしい色彩よね。プラスして、動きには、トリガーっぽい熱も感じる
風雅
風雅
3話まできて、世界観やキャラのポジションが見通せるようになって、より多くの人が楽しめるようになってきましたね

過激な表現について

オペレーター
オペレーター
一部には過激な表現を批判する意見もあるようです
ドロシー
ドロシー
でもそれらの行為を肯定している訳でも、美化している訳でもないのよね。事実としてそういう事も起こっているし、臭いものに蓋をしてキレイなものだけ観ていても現実逃避よね。それに今は、幼女を性搾取の対象にして、それを肯定している作品も溢れているし、そっちの方が余程どうかと思うわ

【2021夏クール おススメのアニメ】

【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第1話 感想レビュー テーマは「アンチテーゼ」か「連帯」かアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第1話「夏の果ての島」の感想レビューです。普通の異能モノと違って個性的な能力が登場します。例えば、ネコが望むものを届けてくれる「ニャマゾン」は「アマゾン」のパロディと思われます。そうした、個性的な能力を観察しながら、作品のメインテーマを考察します。また、同じ監督、アニメ制作会社、主要キャストで制作された過去の作品との関連なども分析します。...
【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第2話 感想レビュー 不正を憎む炎が全てを燃やすアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第2話「エイリアンズ」の感想レビューです。諦めが先に立ち行動できない長良と、不正が許せなくて、素直になれない瑞穂に対して、行動変容を促すストーリーです。促すのは、もちろん希。十五少年漂流記のように、無人島で少年少女たちが如何にして、コミュニティを構築していくかが描かれます。...
3話タイトル上海
【考察】SonnyBoy(サニーボーイ) 3話ネタバレ感想 格差社会と必要な人間アニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第3話「下駄を履いたネコ」の感想レビューです。HYO-RYU-COINの流通により、否応なしに貨幣経済に組み込まれていく生徒たち。格差が広がる、階級社会でもがく生徒たちの苦悩と、他人から必要とされる大事さに気づく長良が描かれます。...
【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第4話 ネタバレ感想 猿殺し事件アニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第4話「偉大なるモンキー・ベースボール」の感想レビューです。1話で登場したあき先生が久しぶりの登場。1話とは大きくキャラが変わっています。モンキー・ベースボールの元ネタやサル・ゲッターをエースが持っていた理由なども考察します。...
【考察】ヴァニタスの手記 第1話 感想レビュー 血界戦線を近代ヨーロッパ風の粋に昇華ボンズ制作のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第1話「Vanitas―ラスティ=ホープスの場合―」の感想レビューです。舞台は19世紀のパリ。吸血鬼が存在する世界で、吸血鬼専門医を称する青年ヴェニタスと、吸血鬼の青年ノエのコンビが活躍する物語です。絵柄や雰囲気は同じボンズ制作のテレビアニメ「血界戦線」を19世紀西欧風に耽美的にしたイメージです。 ...
【考察】ヴァニタスの手記 第2話 感想レビュー ヒロイン候補登場?絶品のバトルシーンは目の保養迫力あるアクション、粋で優雅な要素に満ちたボンズ制作のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第2話「Noé―花の都にて―」の感想レビューです。新たなキャラもたくさん登場して、特にヒロイン候補のジャンヌは大変魅力的なキャラでした。...
【考察】ヴァニタスの手記 第3話 感想レビュー 卑怯な主人公が強いヒロインを制す正統派の主人公とは対極にいる、軽薄で卑怯なキャラクターが主人公のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第3話「Archiviste ―血を暴く牙―」の感想レビューです。圧倒的な実力差の前に「業火の魔女」ジャンヌに追い詰められるヴァニタス。ジャンヌを退ける秘策とは悪党もビックリのとんでもない卑怯な手段でした。そしてアメリアの記憶を辿る中で見えた真の敵「シャルラタン」。物語は、吸血鬼(ヴァンピール)の世界、異界へと移っていきます。...
【考察】ヴァニタスの手記 第4話 感想レビュー 緩急の有るシナリオ・テンポの良い演出で見応えの有るエピソードエレガントな近代ヨーロッパを舞台にファンタジーバトルと洒脱なコメディが魅力のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第4話「Bal masqué―仮面が嗤う夜―」の感想レビューです。物語は、舞台を吸血鬼の世界=異界(アルタス)で行われる「仮面舞踏会」に移して、展開されます。実力派声優による情感溢れる演技と、残酷でシリアスなシーン、耽美な男女の情愛、コメディ、カッコイイバトルシーンと緩急の有るシナリオ・テンポの良い演出で見応えのある抒情溢れるエピソードです。但し、同じボンズ制作の「ヒロアカ」などと比べると、大人向けの内容なので精神年齢の低い人には非推奨です。...
【考察】ヴァニタスの手記 第5話 感想レビュー ノエとルイを引き合わせた先生の思惑エレガントな近代ヨーロッパを舞台にファンタジーバトルと洒脱なコメディが魅力のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第5話「Réminiscence-友-」の感想レビューです。ノエのトラウマとなった過去、幼少期から、少年期にかけてのルイ・ドミニク兄妹との絆と別れが描かれます。この記事では、主に先生の思惑について考察していきます。...

 

 

 

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。