風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
池袋ウエストゲートパーク

アニメ【池袋ウエストゲートパーク】第6話 第7話 レビュー考察

円城寺
円城寺
テレビアニメ「池袋ウエストゲートパーク」の第6話~第7話「Gボーイズ冬戦争」のレビュー&考察です。謎の集団に襲撃を繰り返されて、疑心暗鬼になったGボーイズの内部抗争を扱った作品です。

キレイな手段じゃ戦争は止まらない

「何が”いい人”なものか」

風雅
風雅
本当は、謎の集団の正体やその意図がメインの考察ネタなんでしょうけど、観た感じ竜頭蛇尾に思えたので、別の話題を考察したいです。それはマコトが戦争を止めた手段です
ドロシー
ドロシー
謎の集団の正体や意図を明らかにしても、戦争を止められそうになかった。それはそもそも戦争をしたい人たちがいて、襲撃された事とかは単なる口実になりつつあったからね
円城寺
円城寺
そこでマコトが非常に”汚い手”を使って戦争をしたがっていたヒロトを潰すのですが、その時のセリフが自嘲気味に呟く「何が”いい人”なものか」ですね。その直前タカシに「いい人ぶっている」と言われた事に対する自嘲でした。戦争を止めるのはキレイ事じゃなく、どんな手段を使ってでも、という現実的な対応が必要という事ですね

それでも止まらない。次なる手段は脅迫!

風雅
風雅
それでも止まらない人たちがいて、次なる手段「脅迫」で止めるのですね
ドロシー
ドロシー
まるで現実の世界を見ているようね。日本に手を出したらアメリカ軍が黙って無いぞって、日米安保を脅しの手段にして平和を保つようなモノね
円城寺
円城寺
まさにキレイな手段では戦争は止められないですね
戦争を止める手段

戦争をやりたがっている奴を手段を択ばず潰す

戦争をしたら痛い目に逢うぞって脅迫する

お花畑な事を言っている学術会議の先生方も、ちょっとは世間の現実を学んでほしいですね

スポンサーリンク

 

Gボーイズ冬戦争のアレコレ

エンディング曲はドラマの曲

ドロシー
ドロシー
第7話のエンディング曲はドラマの曲らしいわね
円城寺
円城寺
そういう話ですよね
ドロシー
ドロシー
ドラマと違うからって低評価付ける行為に「何それ?」って思っていたけど、こうなるとそうとも言えないわね
風雅
風雅
ドラマの人気に乗っかろうとしているんだから、副作用もあるでしょうよ、というところですか
ドロシー
ドロシー
そういうこと

ヒロトとタカシ

円城寺
円城寺
ヒロトとタカシがそんなに仲が悪いなんて、第1話観ただけじゃ分からないですね
風雅
風雅
確かにドライな感じで仲が良かったわけじゃないですが、険悪な雰囲気でもなかったので意外でしたね。
ひとみん
ひとみん
もうひとつのレッドエンジェルスの京一と磯貝は仲良さそう
ドロシー
ドロシー
あっちと比べるとね

マコトは演技が下手

円城寺
円城寺
マコトは自主製作映画に出るんですが、あっちこっちで「演技が下手」って言われてましたね
風雅
風雅
タカシからは「いい人ぶろうとするから」って指摘されてましたね
ドロシー
ドロシー
たしかに「自分を良く見せよう」とするとダメよね

スポンサーリンク

「Gボーイズ冬戦争」アウトライン

登場キャラ

斉藤富士夫(サル)

池袋を仕切る暴力団の構成員。マコトの同級生

タイムライン

第6話「Gボーイズ冬戦争 前編」

  • STEP01
    アバン
    仮面をかぶった五人組に襲撃されるGボーイズヒロト派のメンバー
  • STEP02
    オープニング映像
    通常オープニング
  • STEP03
    Aパート
    自主製作映画に出演するマコト。襲撃のウワサを聴く。襲撃グループは”シャドウ”を名乗っていた。マコトはタカシにコンタクトをとろうとするが連絡が取れなかった。その夜もヒロト派への襲撃事件は発生し、戦争の危険が高まる中、マコトはヒロトから会談を申し込まれる。情報が欲しいマコトは、裏社会の情報を得るべくサルにコンタクトを取るが、シャドウのウワサ以上の具体的な情報は得られなかった。
  • STEP04
    Bパート
    マコトは戦争を止めるべく、ヒロト、尾崎京一、タカシと話をするが、その後もシャドウを名乗るグループの襲撃は続き、ヒロト派だけでなく、中華系のグループ東龍まで襲撃された。ヒロトはタカシにGボーイズを抜ける事を宣言する
  • STEP05
    エンディング映像
    通常エンディング

スポンサーリンク

第7話「Gボーイズ冬戦争 後編」

 

  • STEP01
    アバン
    マコトは横山礼一郎から、シャドウが1人であるとの情報を得る。シャドウを名乗るグループがニセモノであることが判明する
  • STEP02
    オープニング映像
    通常オープニング
  • STEP03
    Aパート
    サルからの情報でシャドウを雇っていたのがマルスという北関東系の暴力組織と判明する。一方、マコトはニセシャドウに襲撃される。偶然その模様を写していたカメラから、ニセシャドウが第2話にてマコトたちに池袋を追い出された連中と判明する。その事実をヒロトに伝えるマコトだが、ヒロトは、「元々タカシと戦争をするつもりなので、今更辞めるつもりはない」とにべもない。その後、マコトはシャドウからコンタクトを取られ、ニセシャドウを見つけ出して欲しいと依頼される。マコトはその見返りとしてある依頼をする。
  • STEP04
    Bパート
    マコトがシャドウに依頼したのはヒロトの排除だった。大怪我をして戦線を離脱したヒロトだが、それでもヒロト派の暴発は止まらなかった。次にマコトが手を打ったのは、レッドエンジェルスとGボーイズが手を組んで圧倒的な勢力で、暴発しそうなヒロト派へ圧迫を加える事だった。そして遂に戦争は止まった。その後、ニセシャドウを誘き出して排除し、微妙な勢力図の変化はあったものの冬戦争は無事収まった。
  • STEP05
    エンディング映像
    エンディング映像無し。曲もドラマの曲

 

ABOUT ME
風雅クラブ
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。