風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
池袋ウエストゲートパーク

【考察・感想・分析】アニメ【池袋ウエストゲートパーク】8話 9話 10話 11話 12話

オペレーター
オペレーター
テレビアニメ「池袋ウエストゲートパーク」の第8話~第12話のレビューです。

千川フォールアウト・マザー

知らない人は助けない「この国の社会福祉制度」

ドロシー
ドロシー
エンディングでマコトの「児童手当とかケースワーカーとかという言葉も知らないで苦しんでいた」ってモノローグがあったけど、そう言う人が多いのよね
風雅
風雅
社会保険の勉強をしたときに私も痛感しましたが、年金なんかに代表されるように、社会制度が殆ど”申請主義”なんですね。それでいて、社会福祉について、積極的に情宣しているわけでも無いので、「本当は切り捨てたいんじゃないの」って思ったりしますね。
円城寺
円城寺
元々の社会システムがシングルマザーのような孤立している人を想定していないのでしょうか?
風雅
風雅
その傾向は強いと思いますね。だから家族主義、家族がそばにいて地域のコミュニティが機能していて、それが前提になっている部分はあるのだと思います。だからといって、急にそういう手の届かない人までケアしようとすると、たちまち人員不足になってしまうという面もあるでしょうね
ドロシー
ドロシー
時間をかけて少しづつ改善していくしかないわね

自己責任で切り捨てて良いか?

ドロシー
ドロシー
でも、そもそも子供の転落事故みたいなことが、あって児童相談所なり、区役所のケースワーカーなりがケアに行かない、っていうのがどうかと思うわ。少なくとも子供は切り捨てちゃダメじゃない
風雅
風雅
その辺も人員的に足りているのか、と言う事ですよね
円城寺
円城寺
どうでもよい事ばかり煽情的に報道して、こうした問題をちゃんと報じていない、問題提起していないジャーナリズムにはむかつきますね

スポンサーリンク

憎悪のパレード

ドロシー
ドロシー
9話の憎悪のパレードはあまり見るべき所が無かったので飛ばすわよ。取り合えず原作に出てくる城之内早苗が出てこなくてよかったわ

野獣とリユニオン

犯罪被害者に対して『赦すべき論』は鼻につく

風雅
風雅
このエピソードは正直嫌な感じです。犯罪被害者やその家族が加害者に対して応報感情を持つことは、誰にも責められないと思うんですよね
円城寺
円城寺
赦す人が立派で、それが出来ない人は愚かっていう決めつけはいけませんね
ドロシー
ドロシー
出てくる被害者家族が、あまりにも愚かに描かれ過ぎよね。「脚砕かれたから、仕返しに足砕いて」、ってハンムラビ法典レベルの要求させて、愚かさを強調したいのでしょうけど、逆に鼻につくわ

現実的な集団的自衛権

風雅
風雅
虐められて脅迫されて、犯罪に走った加害者が、Gボーイズに入って、安全を得るというところは、現実的な”集団的自衛権”という感じがしましたね
ドロシー
ドロシー
結局、力なき正義は無力よね

スポンサーリンク

サンシャイン通り内戦

ミステリ仕立てだが

オペレーター
オペレーター
最終エピソードは、「Gボーイズ冬戦争」と同じく、前編・後編の2話構成です
ドロシー
ドロシー
ミステリ仕立てなんだけど、その「Gボーイズ冬戦争」と同じ構図なのよ。対立を煽る奴がいて、戦争になるってお話。で、誰が煽っているかっていう犯人捜しのお話ね。正直、同じようなエピソードを見せられても、って感じ
円城寺
円城寺
謎を解き明かしていく過程は面白かったですし、シリーズ全体にトリックがあるっていうのも大掛かりでしたが、”プロットが似てる”って言われたらそうかもしれないですね

ざまぁ系を凌駕する復讐劇

風雅
風雅
このエピソードは虐められてた人の復讐劇でもあるんですが、「ざまぁ系」と違い失敗します。現実問題として、虐められてた人が、復讐できるような地位や機会を得ることは少ないと思うんです。それだけにそうした人のうっぷん晴らしの場として、「ざまぁ系」のような創作物が有る程度流行るのでしょうね。
ドロシー
ドロシー
「ざまぁ系」のように、復讐したい気持ちが思いっきり先行して上滑りしている作品(そうじゃない人はついていけない)に比べて、落ち着いて観れるのは確かね

「ざまぁ系」が好きな人、ルサンチマンな人は避けた方が無難

円城寺
円城寺
確かにある種の人は、ストレスが溜まる可能性がありますね

 

 

ABOUT ME
風雅クラブ
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。