風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
NIGHT HEAD 2041

【考察】NIGHT HEAD 2041 第1話 感想レビュー 

オペレーター
オペレーター
白組制作のテレビアニメ『NIGHT HEAD 2041』の第1話「結界 -Onset-」の感想レビューです

結界 -Onset-

二組の兄弟

あらすじ ネタバレ →
  • STEP01
    2041年
    2041年の東京。超能力など精神エネルギーを否定して、神仏を信じることを統制している社会。カルト宗教集団の中心人物、能力者を騙るミラクルミック逮捕に出動する国家保安部隊の中に、黒木タクヤ・ユウヤ兄弟がいた。黒木兄弟は、そこで不思議な少女、双海翔子と出逢う。カルト宗教集団は、国家保安部隊の襲来を予見していたかのように生体反応が出ない装備をして待ち構えていた。苦戦する国家保安部隊だが、何とかミラクルミックを逮捕する。しかし、残党に黒木ユウが襲われた時に、兄タクヤが不思議な力を発動、同時に電磁パルスが発生して、国家保安部隊の機能が停止、ミラクルミックに逃げられてしまう。その直後、黒木兄弟の前に再び双海翔子が現れる
  • STEP02
    解き放たれた兄弟
    長年、研究所に隔離されていた霧原直人・直也兄弟が森で目覚める。二人は、当初精神エネルギーが認められる社会になったので、解放されたと考え喜んだが、社会は変わってはいなかった。二人は、食事の為に入ったバーで客に絡まれ能力を発揮してしまう

たくさんの謎

オペレーター
オペレーター
第1話にしてたくさんの謎が提示されました

双海翔子の正体と最後に残した言葉の意味

黒木タクヤが発揮した能力の正体と電磁パルスの関連

同時に起こった飛翔体による爆発

ミラクルミックを監視する怪しい女小林君枝の正体

本田大輔本部長の「一つの概念が破られる夜」という言葉の意味

霧原直人・直也兄弟が森に居た理由

円城寺
円城寺
たくさんの謎が提示されて、ちょっと整理がつかない状態ですね

スポンサーリンク

白組素晴らしい

実写で鍛えた映像

オペレーター
オペレーター
アニメーション制作は、「シン・ゴジラ」など実写作品でVFX技術を磨いている白組です
ドロシー
ドロシー
これは見惚れるわね。迫力・迫真性いずれも十分。実写作品を観ているようだったわ
円城寺
円城寺
要所要所でスローモーションを入れたり、空間が歪んでいるような描写とか本当にすごかったですね
画は荘厳な質感。観ていて惹きこまれる

ゴジラ・ザ・ライド

ひとみん
ひとみん
白組、気に行ったなら西武ゆうえんちの「ゴジラ・ザ・ライド」がおススメだよ
ドロシー
ドロシー
これコワかった。本当に怖かった。スリルでドキドキした
円城寺
円城寺
これ本当にハラハラ、ドキドキの大興奮ですね。でも、風雅君はお年寄りだから、控えた方がいいですね
風雅
風雅
え~そうなの?
円城寺
円城寺
心臓に悪いですよ

スポンサーリンク

世界観について

導入部はPSYCHO-PASSのよう

円城寺
円城寺
物語の導入部は、何となくPSYCHO-PASSのようでしたね
ドロシー
ドロシー
捕物劇を通じて、世界観を伝えるという手法よね

世の中は物理である

ひとみん
ひとみん
いきなり、大スクリーンに「世の中は物理である」って出てきて、ガリレオか!って思った
円城寺
円城寺
この辺、ナレーションやモノローグ無しに、少しの会話と殆ど映像だけで、情報を伝えるのは、低年齢層には厳しいですからね
ドロシー
ドロシー
だから文字で補完したのね

「世の中は物理である」という物理至上主義の元、超能力など精神エネルギーの存在を否定している社会

ミラクルミック捕物劇

Mr.マリックのような外見

オペレーター
オペレーター
1話の前半はミラクルミック捕物劇です
ドロシー
ドロシー
外見が何となくMr.マリックみたいだったわね

実際の事件のような教祖の隠れ方

円城寺
円城寺
あと教祖が狭い空間に隠れるって、実際の事件のようでしたね
ドロシー
ドロシー
「サティアン事件」ね

スポンサーリンク

霧原直人・直也兄弟

森で目覚めた理由

オペレーター
オペレーター
霧原直人・直也兄弟は、社会が自分達を受け入れてくれるようになったので解放されたと、考えていましたが、実際は違いました
ドロシー
ドロシー
希望を持たせて突き落とされる、当事者にとっては最悪のパターンね
円城寺
円城寺
なぜ、自由になったかは、謎の一つですね

精神系能力者の共通の悩み

オペレーター
オペレーター
二人は、食事を摂りにバーに行きますが、そこで客と揉めて超能力を発動します
ドロシー
ドロシー
自分の意志では、使用の有無を決められないみたいね
円城寺
円城寺
意志ではなく、感情で発動されるようですね。これは感情を制御できれば、発動を制御できそうですね。弟の直也は自動発動のようで、こっちは如何ともし難しってところでしょうか
ひとみん
ひとみん
弟の能力、メンタル的にエグイ
ドロシー
ドロシー
制御できないと余計にそうよね。古今東西、創作物の中で、この手の能力者の一番多い悩みよね。最近だと、ワールドトリガーの影浦とか
風雅
風雅
精神系じゃないですけど、サイボーグ009のフランソワーズ・アルヌールなんかも、能力をずっと発動するのは辛いっていってましたね

細かい描写も美しい

ドロシー
ドロシー
客ともめた際に、割れた瓶の描写があるけど、質感が半端なく美しいわ
円城寺
円城寺
超リアルでしたね

黒木タクヤも能力者側?

オペレーター
オペレーター
第1話で出た謎について少し考察してみましょう

双海翔子の正体

円城寺
円城寺
まずは双海翔子の正体ですね
ドロシー
ドロシー
あの現れ方、消え方は幽霊や精神体みたいね
ひとみん
ひとみん
ブギーポップの水乃星透子みたいな?
風雅
風雅
だとしたら最後に登場したのは、肉体で抜け殻みたいなイメージですかね?

スポンサーリンク

黒木タクヤも超能力者?

ドロシー
ドロシー
黒木タクヤが弟を助けるために発動した能力も、超能力みたいだったよね
円城寺
円城寺
そうですね。それと双海翔子の言った「結界は破られた」と、本田大輔本部長の「一つの概念が破られる夜」は、何かリンクしていそうですね

電磁パルスと、「結界は破られた」、「一つの概念が破られる夜」はリンクしてる?

謎の飛翔体

ドロシー
ドロシー
これについては、今のところチンプンカンプンよね

謎の飛翔体については、情報待ち

1話はストーリー的には、点在する謎やキー項目が提示されただけだが、映像は見応えがある。今後、点在する謎やキー項目が繋がって、魅力あるストーリーを展開させていく事に期待

 

【2021夏クール おススメのアニメ】

【考察】NIGHT HEAD 2041 第2話 感想レビュー 歴史改ざんとテレビによる情報操作白組制作のテレビアニメ『NIGHT HEAD 2041』の第2話「偽物 -Deception-」の感想レビューです。終盤に世界観のどんでん返しが有り、人間関係の構図が固まりつつあります。とは言っても、この手の作品は「二転三転」が常だから、目が離せないですね。原作・脚本・シリーズ構成の飯田譲治が、メディアが嘘をつき続けているとインタビューで答えていた内容が表されていました。...
【考察】ぶらどらぶ 第一夜(第1話)&第二夜(第2話)感想レビュー ハイクオリティなドタバタコメディ「ぶらどらぶ」。第一夜(第1話)&第二夜(第2話)の感想レビューです。”総監督・原作・シリーズ構成”の押井守が主要スタッフで、彼の特長である、秀逸なカメラワークとか構図とか、映像表現が素晴らしい作品です。国内より海外で人気のあるクリエイターなので、国内ユーザーには、1話はそもそもあまり面白くないと思います。3~4話ぐらいから面白さを感じる人も増えると思います。...
【考察】RE-MAIN 第1話 感想レビュー キラキラした青春アニメの魅力が一杯の予感本格水球テレビアニメを目指す、『RE-MAIN』(リメイン)の第1話「ごめんなさい、誰ですか」の感想レビューです。原作・総監督・シリーズ構成・全話脚本・音響監督がすべて「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2012」準グランプリの西田征史です。青春アニメとしては、上々のスタートでしたが、水球のシーンが無く、スポーツアニメとしては少々残念なスタートでもありました。...
【考察】RE-MAIN 第2話 感想レビュー 二つ目の約束は作り話か?本格水球テレビアニメを目指す、『RE-MAIN』(リメイン)の第2話「僕は天才じゃない」の感想レビューです。ミステリアスのヒロイン、川窪ちぬとの約束を契機に水球部に入部する事になった、清水みなと。でも、水球部は弱小なだけでなく、試合をするのに必要な部員数にも足りていなくて、まずは仲間集めからだった・・・という展開です。...
【考察】ヴァニタスの手記 第3話 感想レビュー 卑怯な主人公が強いヒロインを制す正統派の主人公とは対極にいる、軽薄で卑怯なキャラクターが主人公のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第3話「Archiviste ―血を暴く牙―」の感想レビューです。圧倒的な実力差の前に「業火の魔女」ジャンヌに追い詰められるヴァニタス。ジャンヌを退ける秘策とは悪党もビックリのとんでもない卑怯な手段でした。そしてアメリアの記憶を辿る中で見えた真の敵「シャルラタン」。物語は、吸血鬼(ヴァンピール)の世界、異界へと移っていきます。...
【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第1話 感想レビュー テーマは「アンチテーゼ」か「連帯」かアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第1話「夏の果ての島」の感想レビューです。普通の異能モノと違って個性的な能力が登場します。例えば、ネコが望むものを届けてくれる「ニャマゾン」は「アマゾン」のパロディと思われます。そうした、個性的な能力を観察しながら、作品のメインテーマを考察します。また、同じ監督、アニメ制作会社、主要キャストで制作された過去の作品との関連なども分析します。...
ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。