風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
NIGHT HEAD 2041

【考察】NIGHT HEAD 2041 第2話 感想レビュー 歴史改ざんとテレビによる情報操作

オペレーター
オペレーター
白組制作のテレビアニメ『NIGHT HEAD 2041』の第2話「偽物 -Deception-」の感想レビューです。終盤に世界観のどんでん返しが有り、人間関係の構図が固まりつつあります
【考察】NIGHT HEAD 2041 第1話 感想レビュー 白組制作のテレビアニメ『NIGHT HEAD 2041』の第1話「結界 -Onset-」の感想レビューです。映像は、質感が高く見応え十分。ストーリー的には、1話では、点在するファクターが示されただけで、とりとめは無い感じですが、今後、点在するファクターが繋がった時に魅力あるストーリーを展開させていく事に期待です。...
ドロシー
ドロシー
とは言っても、この手の作品は「二転三転」が常だから、目が離せないわよ

偽物

Deception

ひとみん
ひとみん
↓ネタバレOKな方は、右のマークをポチっとしてあらすじを見てね
あらすじ ネタバレ →
  • STEP01
    謎の女とダイナー
    2041年で有ることが信じられない霧原兄弟。前話の続き、2023年?。意識のない双海翔子がヘリで研究所に運ばれるシーン。再び、現在に戻る。逃亡中のミラクルミックは、謎の女小林君枝にダイナーに連れ込まれる。同じダイナーに霧原兄弟も食事に訪れる。本部内の自室で寛ぐ黒木兄弟は、15年前に行方不明になった両親の事を思い出す。黒木ユウヤは家族写真に触れた瞬間、霧原兄弟のイメージが脳内に浮かぶ。その時、黒木兄弟に出動命令が出て、ダイナーにミラクルミックの確保に向かう
  • STEP02
    国家の罠
    ダイナーでは、客の若者がミラクルミックに怪我や障害を回復してもらい、盛り上がる。霧原兄弟は、それを小林君枝のマインドコントロールによるイカサマと見抜き、注意する。そこに、国家保安本部特務部隊が急襲をかける。特務部隊は、ミラクルミックと秋山唯を確保しようとするが、居合わせた霧原兄弟の妨害で、秋山唯は逃がす。その後、本部長本田大輔が事件及び、能力者に関する情報操作のカラクリを特務部隊の4人に明かす

焚書

オペレーター
オペレーター
冒頭、いきなり焚書のシーンがありました
ひとみん
ひとみん
焚書って?
オペレーター
オペレーター
図書館司書などの権力者が、自分の思想に合わない図書を燃やしたりする行為です
ドロシー
ドロシー
今の日本では、行政権力が組織だって焚書をすることは考えられないけど、個人が自身の権力で思想を弾圧する事は、あり得るわね

 

 

スポンサーリンク

2041年か、2029年か

共通する15年前

オペレーター
オペレーター
黒木兄弟の両親が、15年前に黒木兄弟の前から姿を消したことが語られました
ドロシー
ドロシー
霧原兄弟が、両親から離れたのも15年前だから、何かシンクロしてくるのかしら
円城寺
円城寺
弟のユウヤが、家族写真に触れた途端、脳内に霧原兄弟の姿がイメージされたりとか、共通項があるような示唆が続きましたね
ひとみん
ひとみん
兄が念力系で、弟が精神系っていうのも共通的なイメージがある
霧原兄弟と黒木兄弟に接点がある

世界大戦はあったのか?

オペレーター
オペレーター
霧原兄弟と世の中で、2041年なのか、2029年なのか、という認識の違いと共に、世界大戦が有ったか無かったかという認識の違いもあります

世界大戦イメージ

円城寺
円城寺
1話のラストや、2話Aパート冒頭の「双海翔子がヘリで研究所に運ばれるシーン」が、テロップ通り、2023年の出来事なら、世界大戦かどうかは兎も角、何かしら大きな戦争か、テロ、災害は有ったようですね。建物は崩壊し、周囲にかなりの炎が上がっていました
ドロシー
ドロシー
でも、それを霧原兄弟は認識していなかったってことよね
円城寺
円城寺
隔離されていたから知らなかった、という事でしょうか?
ドロシー
ドロシー
逆に、マインドコントロールや情報操作で、「無かった世界大戦をねつ造した」ってパターンもあるわね
ひとみん
ひとみん
そんなパターンの作品有るの?
オペレーター
オペレーター
最近の作品で近いパターンは、「彼方のアストラ」や「進撃の巨人」でしょうか

騙されているのは霧原兄弟か、世の中か

どちらのパターンもあり得る

スポンサーリンク

偽物と本物

狙われたのは秋山唯

オペレーター
オペレーター
「指名手配中の国家反逆者の女」は、小林君枝と思わせておいて、秋山唯でした
ドロシー
ドロシー
普通の店員さんみたいだったのに、キャラクター紹介にあったり、有名な声優キャスティングしてたりしたのは、コレだったのね
円城寺
円城寺
正に、「Deception」でした

木枯し紋次郎とは違う、霧原直人

オペレーター
オペレーター
霧原兄弟は、マインドコントロールで若者たちを騙す小林君枝に対して、悪いことや正義に反する行動をおこさないよう警告します
円城寺
円城寺
自分たちが狙われる立場なのに、それを厭わず、不正義を見逃せないんですね

霧原兄弟は、正義感が強い

ひとみん
ひとみん
木枯し紋次郎みたいに「あっしには関わりのないことでござんす」って言わないのね

利用されたミラクルミック

オペレーター
オペレーター
結局、ミラクルミックは、でっち上げの能力者で、「超能力はデタラメ」というイメージを世間に広めるために利用された存在でした
ひとみん
ひとみん
小林君枝が、マインドコントロールで、ミラクルミックの奇蹟を偽装していたわけね
ドロシー
ドロシー
なんか気の毒なおじさんね

道化だったミラクルミック

スポンサーリンク

「真実はこうやって創られる」

テレビによる情報操作

オペレーター
オペレーター
国家保安本部本部長本田大輔が、テレビで流す情報を操作、「真実はこうやって創られる」とトップチームの4人に語りました
ドロシー
ドロシー
この辺りは飯田譲治のインタビューとも通じるところがあるわよね

僕たちはネットがない時代に育っているけれど、今の若い人は生まれたときからネットを見ているから、テレビが絶対という感覚がないわけです。だから、ウソはすぐばれちゃう。確かに50代、60代はテレビが正しいみたいにすり込まれたところがあるけれど、20代には通用しない。すり込まれていないから。でも、メディア側は通用しないということがわかってないかのように嘘をつき続けている気がする。

出典:https://gigazine.net/news/20210714-night-head-2041-george-iida-interview/ GIGAZINE

円城寺
円城寺
メディア側がウソをつき続けているって、正に現在進行形ですよね
風雅
風雅
「ウソをつき続けている」っていうか、「報道しない自由」の名のもとに、既得権益者の為に事実を隠蔽・情報操作して、既得権益を脅かす存在を、「反権力」の名のもとに攻撃しているだけですけどね

テレビによる情報操作に扇動されないようにしましょう

スポンサーリンク

トップチーム4人も国家認定の能力者

オペレーター
オペレーター
本田大輔は、能力者を駆逐すると言いながら、「我々が認めた能力者は例外」として、小林君枝をトップチーム4人に紹介しました。そして、トップチーム4人であると明かしました
ドロシー
ドロシー
つまり精神エネルギーを国家権力が独占するってわけね
風雅
風雅
拳銃とかそういったものを、警察や自衛隊など国家権力だけが持てるようにするのと、発想は似ているかもしれませんね

まるで現代の刀狩り

円城寺
円城寺
黒木兄弟はホッとした感じでしたね。「駆逐する」の所では、自分達も駆逐されるのか、って感じでした

能力に目覚めかけていた黒木兄弟は、ドキッとしたのち、ホッとした

ドロシー
ドロシー
でも、普通なら「刀狩り」のような考え方は、日本独特かもしれない。
風雅
風雅
超能力を国家が独占するという考え方に「世界大戦(=あったか無かった不明ですが)」が何らかの影響を与えているかもしれませんね

ドライな秋山唯

オペレーター
オペレーター
霧原兄弟に助けてもらった秋山唯ですが、礼を一言だけ言って、ドライに別れました
ドロシー
ドロシー
まあ、普通はそうよね。誰しも陣が可愛いし
円城寺
円城寺
これで、霧原兄弟は、国家保安本部から追われる存在になった訳ですね。いよいよストーリーは本筋に入っていきます!

【2021夏クール おススメのアニメ】

【考察】ぶらどらぶ 第一夜(第1話)&第二夜(第2話)感想レビュー ハイクオリティなドタバタコメディ「ぶらどらぶ」。第一夜(第1話)&第二夜(第2話)の感想レビューです。”総監督・原作・シリーズ構成”の押井守が主要スタッフで、彼の特長である、秀逸なカメラワークとか構図とか、映像表現が素晴らしい作品です。国内より海外で人気のあるクリエイターなので、国内ユーザーには、1話はそもそもあまり面白くないと思います。3~4話ぐらいから面白さを感じる人も増えると思います。...
【考察】RE-MAIN 第1話 感想レビュー キラキラした青春アニメの魅力が一杯の予感本格水球テレビアニメを目指す、『RE-MAIN』(リメイン)の第1話「ごめんなさい、誰ですか」の感想レビューです。原作・総監督・シリーズ構成・全話脚本・音響監督がすべて「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2012」準グランプリの西田征史です。青春アニメとしては、上々のスタートでしたが、水球のシーンが無く、スポーツアニメとしては少々残念なスタートでもありました。...
【考察】RE-MAIN 第2話 感想レビュー 二つ目の約束は作り話か?本格水球テレビアニメを目指す、『RE-MAIN』(リメイン)の第2話「僕は天才じゃない」の感想レビューです。ミステリアスのヒロイン、川窪ちぬとの約束を契機に水球部に入部する事になった、清水みなと。でも、水球部は弱小なだけでなく、試合をするのに必要な部員数にも足りていなくて、まずは仲間集めからだった・・・という展開です。...
【考察】ヴァニタスの手記 第3話 感想レビュー 卑怯な主人公が強いヒロインを制す正統派の主人公とは対極にいる、軽薄で卑怯なキャラクターが主人公のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第3話「Archiviste ―血を暴く牙―」の感想レビューです。圧倒的な実力差の前に「業火の魔女」ジャンヌに追い詰められるヴァニタス。ジャンヌを退ける秘策とは悪党もビックリのとんでもない卑怯な手段でした。そしてアメリアの記憶を辿る中で見えた真の敵「シャルラタン」。物語は、吸血鬼(ヴァンピール)の世界、異界へと移っていきます。...
【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第1話 感想レビュー テーマは「アンチテーゼ」か「連帯」かアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第1話「夏の果ての島」の感想レビューです。普通の異能モノと違って個性的な能力が登場します。例えば、ネコが望むものを届けてくれる「ニャマゾン」は「アマゾン」のパロディと思われます。そうした、個性的な能力を観察しながら、作品のメインテーマを考察します。また、同じ監督、アニメ制作会社、主要キャストで制作された過去の作品との関連なども分析します。...

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。