風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
オッドタクシー

【考察】オッドタクシー 和田垣と柴垣の共通点「偽三矢ユキ」 和田垣さくら編

オペレーター
オペレーター
カワイイ動物のキャラを使いながらディープな社会を描く社会派アニメ「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、偽三矢ユキこと、和田垣さくらにフォーカスします
円城寺
円城寺
キャラ別も4つめの記事なんですが、”4”という縁起の悪い数字が一番似合うのは、このキャラかな、と思います

和田垣さくらとは

出典:公式HPオッドタクシー第5話「アイドルなんて呼ばないで」無料配布場面写真(https://oddtaxi.jp/news/202105161800)より

和田垣さくら

失踪した三矢ユキの後釜としてアイドルグループ「ミステリーキッス」のメンバーとなる。18歳。大分出身。母子家庭に育つ。唐揚げが好物。事務所からの指示で、三矢ユキに成りすますためにアイドル活動中は仮面を被って、「三矢ユキ」を名乗る

仮面のアイドル、偽三矢

偽三矢として登場

  • STEP01
    第2話
    イベント後、売れ残ったグッズの手売りをマネージャに依頼される。二階堂ルイが特別扱いて手売りを免除されることに不満をもらす。市村しほにもタメ口で注意されるがまったく動じない
  • STEP02
    第5話
    田中に依頼されて、小戸川のタクシーにスマホを仕込む。
  • STEP03
    第11話
    (回想)失踪した三矢ユキの代わりにミステリーキッスのメンバーに採用される。二階堂ルイとの会話で、以前のオーディションで失格後、マネージャに食い下がった事があったと言う。但し、メンバー入り後もダンスレッスン中に転倒したり、真三矢と比べると実力はかなり劣る
  • STEP04
    第13話
    一連の事件ご、母親と電話中に小戸川のタクシーを見つけて乗り込む。

スポンサーリンク

オペレーター
オペレーター
あまり登場回数の多くない和田垣さくらですが、少ない登場の中でも、濃いキャラが出ています
円城寺
円城寺
偽三矢(和田垣さくら)については、登場するキャラの中で、市村しほが一番言及していますので彼女の評価を確認しましょう

市村しほの偽三矢(和田垣さくら)評

  • 自己肯定が出来ているのヤバイ
  • 前の方(真三矢)が良かった
ひとみん
ひとみん
その他、今井からは、「以前よりダンスのキレが悪くなった」と言われている。これは、真三矢に比べてダンスのキレが悪いということね

「自己肯定」ではない

オペレーター
オペレーター
それでは少ない登場場面から、和田垣さくらの人間性について考察してみましょう

”ヤバイ”の意味

ドロシー
ドロシー
市村しほが、偽三矢(和田垣さくら)に対して、「自己肯定が出来ているのヤバイ」と言った意味は、「その程度で自分を高く評価しているのはおかしい」という事よね?
ひとみん
ひとみん
ぶっちゃけて言うとそうかな
円城寺
円城寺
普通、自己肯定の高い人は、自分軸を持っていますが、 自他を客観的理性的にみることが出来ますからね。偽三矢(和田垣さくら)の場合は、自己肯定というより自己中心かな
自己肯定が出来ているというより、自尊心が過大で自己中心的
風雅
風雅
そう思うと、市村しほに対して、偽三矢が言った「ボキャブラリーがヤバい」は、当たっているのかなあ
ドロシー
ドロシー
偽三矢(和田垣さくら)は、11話の回想で、ダンスレッスン中に転倒したり、2話でも今井に「ダンスのキレが悪い」と言われている程度の実力なのに、5話で山本に「自主練しろ」って言われて、あからさまに不満の態度を示したり、努力して向上しようという部分が欠けているのよね。どう見ても自分の現状を客観的理性的に見ているとは思えないわ
二階堂ルイとの差

二階堂ルイ

→人一倍の向上心に見合う努力をする

和田垣さくら

→人一倍の努力を厭う

ヤバイのは、自他を客観的理性的にみることが出来ていないから

スポンサーリンク

自分軸が無い、ただの自己中心

ドロシー
ドロシー
11話の回想シーンで、「二階堂ルイがいるから売れる」って言ってる割に、グッズの手売りで二階堂ルイが特別扱いされると不満タラタラなのよ
ひとみん
ひとみん
コバンザメ(二階堂ルイに乗っかろうとする)を自覚しているのに
円城寺
円城寺
二階堂ルイと自分には差があると認めているのに、待遇や練習量に差が出ると納得が出来ないんですね。これでは自分軸が有るとはいえませんね

偽三矢(和田垣さくら)の場合、「自己肯定」というより、「自己中心・自己愛」の類

著しく自己中心的に振る舞う傾向がある

欠けているもの

いとも簡単に犯罪に手を貸す

オペレーター
オペレーター
次に偽三矢(和田垣さくら)に欠けているものを確認します
ひとみん
ひとみん
まず、罪悪感や倫理観。軽いノリで、田中の犯罪行為に加担する
【考察】漫画版オッドタクシー コミカライズ第12話感想レビュー 補完された三矢と田中の接点オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。そのコミカライズ版2巻第12話の感想レビューです。アニメでは説明されなかった、三矢ユキの行動や田中との接点などが補完されています。田中の狂気に目が奪われがちになるエピソードですが、三矢ユキの言動や小戸川と山本のやり取りに、重大な伏線や情報が散りばめられており、シナリオのち密さに感嘆とさせられるエピソードでした。...
円城寺
円城寺
上記記事で、偽三矢(和田垣さくら)は、どこか善悪のネジが外れてしまっている感がありますよね

苦悩する二階堂ルイと対照的

オペレーター
オペレーター
事件の後、二階堂ルイは不安に苛まれます

事件後の二階堂ルイの状況

呼吸が荒くなり、動悸が激しくなり、汗が止まらなくなり、手が震える。泣き叫びたくなり、気が狂いそうになる

風雅
風雅
これは罪悪感と共に、悪事がバレる事への恐怖ですよね
ドロシー
ドロシー
偽三矢(和田垣さくら)は、こういった描写は一切なくて、自分の行為を肯定しているだけでなく、事件がバレる恐怖感も無い、という事よね
良心の呵責や恐怖などの感情が著しくかけている

他者に対する「愛情」「思いやり」などの感情が極めて乏しい

スポンサーリンク

余談:此元和津也との類似点がある!?

オペレーター
オペレーター
11話及び13話で、偽三矢(和田垣さくら)は、オーディションに対して不満が有る事を告白しています
自分を合格させるように山本に直談判をした
ドロシー
ドロシー
審査に不満があるってホモサピエンスの柴垣も同じ様な事言ってたよね
風雅
風雅
「何で俺よりレベルの低い奴に審査されなあかんねん」ですか?
ひとみん
ひとみん
”〇垣”繋がりだ
オペレーター
オペレーター
実は脚本の此元和津也も、担当編集者との対談で、自身の作品の審査に対して不満を述べています

2作目の短編『ダミー』が『コミックバーズ』主催の幻冬舎コミックス新人漫画賞と審査員特別賞を受賞した事に対するコメント

大賞じゃないのか、とか審査員の方の講評にイライラしてたんですけど、今読み返すと「まあ、確かに」と思いますね。

短編集「テリトリー」アラウンド・ザ・テリトリーより

円城寺
円城寺
審査に対する不満が鬱積していて、それをキャラに代弁させているのでしょうか?
ドロシー
ドロシー
作者が自己投影するキャラがいても不思議じゃないわ。”〇垣”というネーミングのキャラは、審査員に対する作者の不満を代弁させるキャラかもしれないわよ
風雅
風雅
「なろう」じゃあるまいし、それは流石に無いとは思いますが、この後のオチが面白いですね、この対談は。興味がある方は読まれてはいかがでしょうか

担当編集者との対談は、ボケとツッコミが絶妙で読んでいて面白いです

スポンサーリンク

サイコパスか、ソシオパスか

パーソナル考察

オペレーター
オペレーター
和田垣さくらのパーソナルを整理してみました

和田垣さくらのパーソナル

  • 目的の為には手段を択ばない
  • 恐怖を感じる心が異常に乏しい
  • 倫理観や罪悪感が希薄で良心がない
  • 他者に冷淡で、他人の痛みを意に介さない
  • 自尊心が過大で自己中心的
ひとみん
ひとみん
サイコパス!?

後天性の可能性

オペレーター
オペレーター
和田垣さくらの場合、母親との関連が度々指摘されているので、サイコパスではなく、後天性の可能性があります

サイコパスではなく、ソシオパスという設定か

果たして「無邪気」と言えるのか

オペレーター
オペレーター
この和田垣さくらに対して、一部には「無邪気」という評価もあるようです
ドロシー
ドロシー
「無邪気」って、悪意が無い、という意味よね?さすがにそれは無いんじゃないかな
円城寺
円城寺
「無邪気」の定義にもよりますが、邪(よこしま)な考えが無い、とは思えないですからね

 

<関連記事>

【考察】オッドタクシー キャラ別全話振り返りレビュー ドブ編 ドブがditch-11である確証オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、ドブにフォーカスします。悪人であり、主人公の小戸川から白川との関係を嫉妬されて忌み嫌われるドブですが、なぜかオーディエンスには好感度が高いようです。作中での言動や相関関係を元に、その魅力に迫るとともに、ドブがditch-11であることの確証を確認します。...
【考察】オッドタクシー キャラ別全話振り返りレビュー 二階堂ルイ編 逆転裁判で「復活」なるか!?オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、二階堂ルイにフォーカスします。記事前半は、11話で馬場に宣言した通り、這い上がって復活できるのか、という点について「逆転裁判」の成歩堂龍一を気取って、二階堂ルイの冤罪を晴らすシミュレーションをして考察したいと思います。後半は、彼女を中心とした、キャラ達との関係を辿りながら、振り返りたいと思います。...
【考察】オッドタクシー キャラ別全話振り返りレビュー 歌って戦う美人看護師 白川編オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、白川美保にフォーカスします。白川は所謂ヒロイン的な位置づけで、小戸川の危機を度々救ったりしますが、一方で、犯罪に手を染めたり、小戸川にハニートラップを仕掛けたり、一筋縄ではいかないキャラです。そんな白川の薄幸な面や、スーパーヒロインな面、なぜ工事現場に現れて山本を倒せたのかなどを振り返ります。...
【考察・感想・分析】オッドタクシー第11話感想レビュー 気づいた時には手遅れオヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第11話「あの日に戻れたら」の感想レビューです。今回は、行方不明の練馬の女子高生とその父親の正体が、判明します。そして、行方不明の練馬の女子高生役として、竈門禰豆子を演じた、鬼頭明里が登場します。三矢ユキ殺害の真相から、大門兄の「大きな括りでは最初から仲間」発言まで、大きな事から小さな事まで考察します。...
【考察】オッドタクシー第12話感想レビュー 資金援助している『謎の財団』とドブ銃撃犯判明!?ditch-11の正体とは?オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第12話「たりないふたり」の感想レビューです。今回は、小戸川の育英資金を出していた謎の財団の正体、大門兄が言った「大きな括りでは最初から仲間」の意味が、最終盤で判明します。また、久々に登場した田中が、ditch-11について、ドブに迫ります。そして、次回はいよいよ最終回。三矢ユキ殺害の真相、小戸川の事故・病気の真相など未解明の謎もたくさん。最終回を「震えて待て!」...
オッドタクシー#13
【考察】オッドタクシー第13話感想レビュー 「どちらまで?」「地獄まで」じゃない事を祈りたいエンディング オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第13話「どちらまで?」の感想レビューです。ラストは、「どちらまで?」が「地獄まで」じゃない事を祈りたいエンディングでした。カーチェイスの結果、海に落ちた小戸川を助けるスーパーウーマン。回収された伏線は、小戸川の病気、イマジナリーフレンドの正体など、ほぼ大方の予想通りでした。...
【考察】オッドタクシー第4話感想レビュー 「持たざる者の革命」田中革命の本質に迫るオヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第4話「田中革命」の感想レビューです。アニメとコミカライズの両方を元に「田中革命」を考察します。シリーズ全体では、ナレーションやモノローグ無しで、会話と映像言語で展開させる作品ですが、この第4話は例外で、ほぼ田中のモノローグでストーリーは進みます。また、『ズーロジカルガーデン』のガチャに挑戦!や、ditch-11考察などもあります。...
【考察】オッドタクシー第1話感想レビュー 映像言語と会話劇で魅せるディープなミステリ作品オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第1話「変わり者の運転手」の感想レビューです。ナレーションが無く、モノローグも少なく、映像言語と会話劇でストーリーが進む作品です。ディープな世界観の中、シニカルな主人公、小戸川の会話を中心にストーリーは進みますが、要所で巧みな伏線とミステリー要素が混ぜられて、病みつきになる要素に満ちています。...

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST