風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
スカーレットネクサス

【考察】スカーレットネクサス 第1話 感想レビュー

オペレーター
オペレーター
アクションRPG原作のテレビアニメ「SCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)」。第1話「緋色の超脳力」の感想レビューです。

緋色の超脳力

ストーリーライン

ひとみん
ひとみん
↓ネタバレOKな方は、右のマークをポチっとしてあらすじを見てね
あらすじ ネタバレ →
  • STEP01
    入隊式
    ユイト・スメラギは、ニューヒムカ国、建国の父とよばれる祖先をもつ注目される名門の出自だが、脳力値が低くスカウトされずに、志願組として怪伐軍に入隊する。彼は入隊式で5歳の頃、自分を助けてくれた怪伐軍の女性にそっくりなカサネ・ランドールを見かける
  • STEP02
    初陣
    入隊初日、怪異の襲来により、出陣するが、志願組の為、待機を命じられる。しかし、逃げ遅れて危険な状況に陥っている幼女を見つけ、思わず助けに駆けだす

陰謀を示唆して終わる

オペレーター
オペレーター
1話は、エンディングの前の時点で、主人公のモノローグで、設定にウラが有る事を示唆して終わりました(その後、Cパート有り)
ドロシー
ドロシー
暗喩やメタファーじゃなくって、イマドキ風に分かり易く明言してたわね。「とてつもない陰謀が渦巻いていた」って
円城寺
円城寺
そうですね。割とはっきりと明言してましたね。だから、”見飽きた世界観”、とか言わずに、続きも観てね、って事でしょうか?
1話ラスト「どんでん返し」を明示する主人公のモノローグ

スポンサーリンク

ゲーム原作にありがちな世界観

ありふれた設定

オペレーター
オペレーター
世界観や、設定はありふれているとの下馬評です。
ドロシー
ドロシー
それだけじゃなく、細かい所もゲーム原作アニメでよく見かける設定よね
ひとみん
ひとみん
例えば?
ドロシー
ドロシー
子供の頃、怪伐軍の女性に助けられて、怪伐軍を志すっていうのは、「新サクラ大戦」と同じよね

子供の頃、ヒロインと?

オペレーター
オペレーター
子供の頃助けてくれた女性は、ヒロインのカサネ・ランドールとそっくりでした
ドロシー
ドロシー
それは「リヴィジョンズ」と同じ設定よね。今回は、声が違うみたいだから、オチは違うんでしょうけど
風雅
風雅
「リヴィジョンズ」ですか。そう言えばオープニング曲は、「リヴィジョンズ」と同じくTHE ORAL CIGARETTESでしたね
オープニングテーマは、「Red Criminal」

努力型主人公

オペレーター
オペレーター
典型的な、落ちこぼれ主人公とエリートのヒロインという設定でした
円城寺
円城寺
これは古典的な設定で、数多くの先例がありますね
ドロシー
ドロシー
落ちこぼれと見せて実はチート・・・、というのが”なろう”的だけど、ユイト・スメラギは、本当に努力の人で、昔のジャンプ系ヒーローっぽいよね
ひとみん
ひとみん
で、エリートのヒロインは性格に問題ありというパターンが多いけど、カサネ・ランドールはそれほど尖った性格じゃない
ドロシー
ドロシー
ツンデレっぽく見えるけど、シビアなリアリストって感じね

ユイト・スメラギは努力型の伝統的なジャンプ系ヒーロー

スポンサーリンク

アニメーションのクオリティは

乗り物系は良く出来ている

オペレーター
オペレーター
アニメーションのクオリティはまずまず良かったようです
円城寺
円城寺
サンライズだから、特に乗り物とか、機械系は良かったですね

キャラはチャーミング

風雅
風雅
キャラもチャーミングに描けてますね。ユイト・スメラギもカサネ・ランドールも両者ともアカメでしたね
ひとみん
ひとみん
タイトルにも、スカーレットとか緋色とかアカが絡んでいる
円城寺
円城寺
髪飾りとか色んな所に赤がありますね。赤がイメージカラーの作品ですね
ゲームに比べると幼いキャラクターデザインだが、許容範囲

アクションシーンは爽快

オペレーター
オペレーター
アクションシーンはダイナミックでした
ドロシー
ドロシー
労力かけてヌルヌル動かすというより、エフェクトとカメラワークなどで、迫力とスピード感を出していた感じね
アクションシーンは構図とエフェクトで魅せる

スポンサーリンク

 

 

「超能力」じゃなくって『超”脳”力』?

能じゃなくって、「脳」

オペレーター
オペレーター
超能力バトルと思っていたところ、「超脳力」バトルでした
ドロシー
ドロシー
「脳」が色んなところでキーになっているわ

怪異は人間の脳を食べる

脳を食べられた遺体を隠す

陰謀とは何か

オペレーター
オペレーター
そうした事を前提に、ユイト・スメラギが言っていた陰謀とは何かを考察してみましょう
ドロシー
ドロシー
よくあるパターンは、実は怪異は元人間で、国家権力や軍事産業が脳をいじくりまわして怪異になったとかね
円城寺
円城寺
じゃあ、ある種の同士討ちをさせているようなものですね

実は、ニューヒムカ国が、怪異を造りだしている?

ユイト・スメラギを助けた女性

オペレーター
オペレーター
ユイト・スメラギを助けた女性の正体は?
ドロシー
ドロシー
大人になったカサネ・ランドールが、タイムトラベルしたって設定なら、リヴィジョンズと同じになっちゃうから、お母さんとか?
風雅
風雅
そうなると、カサネ・ランドールの両親が死亡した経緯も陰謀絡みかもしれないですね
円城寺
円城寺
口封じとか?
ひとみん
ひとみん
その場合は、ラスボスが、スメラギ家か、ランドール家になるのかな?
ドロシー
ドロシー
どっちも怪しいけど、今の段階だとカサネを養女にしたランドール家の方が怪しいかな

【「陰謀」予想】

黒幕は、スメラギ家か、ランドール家?

【2021夏クール おススメのアニメ】

【考察】ぶらどらぶ 第一夜(第1話)&第二夜(第2話)感想レビュー ハイクオリティなドタバタコメディ「ぶらどらぶ」。第一夜(第1話)&第二夜(第2話)の感想レビューです。”総監督・原作・シリーズ構成”の押井守が主要スタッフで、彼の特長である、秀逸なカメラワークとか構図とか、映像表現が素晴らしい作品です。国内より海外で人気のあるクリエイターなので、国内ユーザーには、1話はそもそもあまり面白くないと思います。3~4話ぐらいから面白さを感じる人も増えると思います。...
【考察】RE-MAIN 第1話 感想レビュー キラキラした青春アニメの魅力が一杯の予感本格水球テレビアニメを目指す、『RE-MAIN』(リメイン)の第1話「ごめんなさい、誰ですか」の感想レビューです。原作・総監督・シリーズ構成・全話脚本・音響監督がすべて「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2012」準グランプリの西田征史です。青春アニメとしては、上々のスタートでしたが、水球のシーンが無く、スポーツアニメとしては少々残念なスタートでもありました。...
【考察】RE-MAIN 第2話 感想レビュー 二つ目の約束は作り話か?本格水球テレビアニメを目指す、『RE-MAIN』(リメイン)の第2話「僕は天才じゃない」の感想レビューです。ミステリアスのヒロイン、川窪ちぬとの約束を契機に水球部に入部する事になった、清水みなと。でも、水球部は弱小なだけでなく、試合をするのに必要な部員数にも足りていなくて、まずは仲間集めからだった・・・という展開です。...
【考察】ヴァニタスの手記 第1話 感想レビュー 血界戦線を近代ヨーロッパ風の粋に昇華ボンズ制作のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第1話「Vanitas―ラスティ=ホープスの場合―」の感想レビューです。舞台は19世紀のパリ。吸血鬼が存在する世界で、吸血鬼専門医を称する青年ヴェニタスと、吸血鬼の青年ノエのコンビが活躍する物語です。絵柄や雰囲気は同じボンズ制作のテレビアニメ「血界戦線」を19世紀西欧風に耽美的にしたイメージです。 ...
【考察】NIGHT HEAD 2041 第1話 感想レビュー 白組制作のテレビアニメ『NIGHT HEAD 2041』の第1話「結界 -Onset-」の感想レビューです。映像は、質感が高く見応え十分。ストーリー的には、1話では、点在するファクターが示されただけで、とりとめは無い感じですが、今後、点在するファクターが繋がった時に魅力あるストーリーを展開させていく事に期待です。...
【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第1話 感想レビュー テーマは「アンチテーゼ」か「連帯」かアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第1話「夏の果ての島」の感想レビューです。普通の異能モノと違って個性的な能力が登場します。例えば、ネコが望むものを届けてくれる「ニャマゾン」は「アマゾン」のパロディと思われます。そうした、個性的な能力を観察しながら、作品のメインテーマを考察します。また、同じ監督、アニメ制作会社、主要キャストで制作された過去の作品との関連なども分析します。...

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。