風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
晴天を衝け

【大河ドラマを10倍楽しむ】「晴天を衝け」第23話 解説レビュー 渋沢平九郎と聖地巡礼スポット・平九郎茶屋

オペレーター
オペレーター
大河ドラマ「晴天を衝け」を10倍楽しむ為の解説レビューです。ドラマではあまり触れられないような時代背景や、経緯などを解説しながらレビューします。第23話「篤太夫と最後の将軍」では、パリで徳川昭武の長期の留学準備に入る渋沢篤太夫(=栄一)と時代の流れに逆らえず大政奉還をする徳川慶喜が描かれました

平九郎と聖地巡礼

オペレーター
オペレーター
23話で凛々しくも愛らしいところを見せてくれた平九郎ですが、この後、大変悲しい結末を迎えることになります
風雅
風雅
そのエピソード自体は作中であると思いますので、その節に解説・補完したいと思います
円城寺
円城寺
ただ、次週から三週間空いてしまいますので、その間、聖地巡礼をお考えの方の為に、「平九郎茶屋」をご紹介します

休暇村奥武蔵

円城寺
円城寺
夏休みにどこか「晴天を衝け」ゆかりの地を訪れたい、とお考えの方、平九郎に興味をお持ちの方は、一考されては如何でしょうか

来週から三週間空きます。聖地巡礼のチャンスかも

 

追い詰められる慶喜

原市之進の最期

オペレーター
オペレーター
21話の解説レビューで触れましたが、原市之進の最期が描かれました。

「登場人物の考察」参照

【大河ドラマを10倍楽しむ】「晴天を衝け」第21話 解説レビュー 栄一の洋食「食レポ」と今生の別れ大河ドラマ「晴天を衝け」を10倍楽しむ為の解説レビューです。ドラマではあまり触れられないような時代背景や、経緯などを解説しながらレビューします。第21話「篤太夫、遠き道へ」では、渋沢篤太夫(=栄一)は、一橋喜の命により、訪欧使節団の一員として、パリ万博に行くことが決まります。船旅の食事やタイムテーブルなどをご紹介します。孝明天皇の崩御に伴う、幕府滅亡への流れ、日本の為に共に励むことを約束しながら亡くなる方、これから栄一と一緒に国造りの励む人との出会いなど悲喜こもごもなエピソードでした。...

スポンサーリンク

倒幕の機先を制したが

オペレーター
オペレーター
徳川慶喜は、薩長が目論む武力倒幕の機先を制するために、「大政奉還」を行いました
ひとみん
ひとみん
「大政奉還」の目的が良く分からない
オペレーター
オペレーター
薩長は武力による倒幕を目指していましたが、先に「大政奉還」により幕府を無くすことで、武力倒幕の大義名分を奪う事が目的でした

「大政奉還」の目的: 幕府が消えると討幕は出来ない

風雅
風雅
当時、古い幕藩体制は無くす必要がある、というのは大方の共通認識でした。ただ、新しい体制に徳川家を入れるべきかどうかは、意見が割れていました。徳川慶喜は、武力倒幕のついでに、徳川家まで潰されることを避けて、徳川家の力を温存し、新体制の中心になる事を狙ったと考えられます
ひとみん
ひとみん
そっか。存在しない者は倒せないからね

スポンサーリンク

小御所会議

オペレーター
オペレーター
小御所会議での議論は紛糾しました
円城寺
円城寺
薩長の狙いはズバリどの辺りだったのでしょうか
風雅
風雅
徳川潰しでしょう。辞官と納地(=領地の返却)を求めて、反発すれば、武力で潰す考えだったようです。まして、徳川慶喜を新政府の中心に据えるなどもっての外、という考えだったようです
円城寺
円城寺
一方、山内容堂などは、幕府は潰すが、新政府には徳川慶喜も加えたい、という考えだったわけですね
風雅
風雅
薩摩も多分、島津斉彬が生きて言えば、武力倒幕には行かなかったと思います。西郷隆盛なども、島津斉彬には逆らえませんから
円城寺
円城寺
小御所会議での結論はどうなったのですか?
風雅
風雅
薩長は、天皇の命令で有無を言わせず辞官と納地を決めたかったのですが、結局、”勧告”という形になりました。つまり、どうするかと言うのは徳川慶喜の意志に委ねられた形となりました

徳川慶喜は、辞官は受け入れたが、納地については、返上ではなく、一部新政府に献上という形で、自分が新政府の実質的なオーナーになろうとしていた

 

円城寺
円城寺
しかし、折角の慶喜の考えも、古い考えから脱却できない幕臣が薩摩の挑発に乗ってしまう事で台無しになったのですね

パリで渋沢篤太夫(=栄一)を開眼させたもの

合流した栗本鋤雲

オペレーター
オペレーター
19話で解説した通り、栗本鋤雲が合流しました
ひとみん
ひとみん
↓19話解説の「無名だけど目立ってた栗本鋤雲」の項を観てね
【大河ドラマを10倍楽しむ】「晴天を衝け」第19話 解説レビュー 栗本鋤雲(池内万作)と栄一の接点。そして「信用が大事」と銀行創設の関係大河ドラマ「晴天を衝け」を10倍楽しむ為の解説レビューです。ドラマではあまり触れられないような時代背景や、経緯などを解説しながらレビューします。第19話「勘定組頭 渋沢篤太夫」では、兵庫開港要求事件」で大政奉還の先走りのような発言をして目立った栗本鋤雲(池内万作)。なぜ、彼が大きく目立っているかを考察します。そして、銀札の考案と、日本最初の銀行を創設の関連も考察。また、次週慶喜の将軍就任に対して、栄一たちが嘆いた理由を考察します。...
ドロシー
ドロシー
慶喜の事を嫌っていたようだけど、渋沢篤太夫(=栄一)とは、割と上手くやっている感じ

下宿先のパノラマ

スポンサーリンク

官尊民卑の旧習は打破できる!

オペレーター
オペレーター
作中でもあった、ヴィレット大佐と銀行家のフリュリ・エラールの会話の様子が、渋沢篤太夫(=栄一)に官尊民卑の旧習打破と民業の振興を人生の目的させたと後に本人が語っています
ドロシー
ドロシー
この辺りに感銘を受けた事が、オーディエンスに伝わるように、血洗島編で、官尊民卑の問題点を念入りにやったわけね
ひとみん
ひとみん
伏線回収!
円城寺
円城寺
伏線の張り方、お見事でしたね

公益と合本主義

オペレーター
オペレーター
「資本主義の父」と言われる渋沢篤太夫(=栄一)ですが、彼自体は合本主義と言う言葉を用いました。違いは”公益”にあります
風雅
風雅
この辺りは次回以降、詳しく出てくると思います
ひとみん
ひとみん
ベルギー国王の話って本当にあったの?
オペレーター
オペレーター
そのエピソードも渋沢篤太夫(=栄一)の日記に出て来ます

「資本主義の父」

スポンサーリンク

昭武を支えた財政策

 

ひとみん
ひとみん
徳川昭武は、フランスではどんな生活をしていたの?

朝7時~9時:乗馬の練習

朝食

朝食後~午後3時:語学の学習

午後3時~:その他の勉強

オペレーター
オペレーター
この昭武の留学を財政面から、支えるべく、倹約に努めた渋沢篤太夫(=栄一)ですが、倹約だけでなく、お金を増やす努力もしていました

株とフランス公債

円城寺
円城寺
それが鉄道会社の株式と、フランス公債だったわけですね
風雅
風雅
倹約で2年程度の留学には耐えられる金額を貯めていたようですが、さらにそれを増やして4~5年はなんとか、という水準まで行ったようです
ドロシー
ドロシー
利息と配当金を収入にしていたわけね

 

<関連記事>

大河ドラマ【晴天を衝け 後半の展望①】壮絶!「飯能戦争」成一郎と平九郎の生死を分けたポイントを解説多くの支持を集める、大河ドラマ「晴天を衝け」ですが、通常より短い全41話であることが、発表されました。現在23話ですから、既に折り返しを過ぎて後半に入っている事になります。また、オリンピック期間中は三週間放送が休止されます。そこで、この記事では後半の見どころを展望してみたいと思います。この記事では、渋沢成一郎や、尾高淳忠、渋沢平九郎などが参加した振武軍と新政府軍の戦い、「飯能戦争」を解説します。特に飯能戦争に至る経緯、渋沢成一郎、尾高淳忠、渋沢平九郎の生死を分けたポイントはどこだったのか考察をします。...
【大河ドラマを10倍楽しむ】「晴天を衝け」第21話 解説レビュー 栄一の洋食「食レポ」と今生の別れ大河ドラマ「晴天を衝け」を10倍楽しむ為の解説レビューです。ドラマではあまり触れられないような時代背景や、経緯などを解説しながらレビューします。第21話「篤太夫、遠き道へ」では、渋沢篤太夫(=栄一)は、一橋喜の命により、訪欧使節団の一員として、パリ万博に行くことが決まります。船旅の食事やタイムテーブルなどをご紹介します。孝明天皇の崩御に伴う、幕府滅亡への流れ、日本の為に共に励むことを約束しながら亡くなる方、これから栄一と一緒に国造りの励む人との出会いなど悲喜こもごもなエピソードでした。...
【大河ドラマを10倍楽しむ】「晴天を衝け」第19話 解説レビュー 栗本鋤雲(池内万作)と栄一の接点。そして「信用が大事」と銀行創設の関係大河ドラマ「晴天を衝け」を10倍楽しむ為の解説レビューです。ドラマではあまり触れられないような時代背景や、経緯などを解説しながらレビューします。第19話「勘定組頭 渋沢篤太夫」では、兵庫開港要求事件」で大政奉還の先走りのような発言をして目立った栗本鋤雲(池内万作)。なぜ、彼が大きく目立っているかを考察します。そして、銀札の考案と、日本最初の銀行を創設の関連も考察。また、次週慶喜の将軍就任に対して、栄一たちが嘆いた理由を考察します。...
【大河ドラマを10倍楽しむ】「晴天を衝け」第18話 解説レビュー 慶喜の懐を支え続けた渋沢栄一 大河ドラマ「晴天を衝け」を10倍楽しむ為の解説レビューです。ドラマではあまり触れられないような時代背景や、経緯などを解説しながらレビューします。第18話「一橋の懐」では、悲惨な天狗党の最後と、経済面で一橋家を支える事になる渋沢篤太夫(=栄一)が描かれました。...
【大河ドラマを10倍楽しむ】「晴天を衝け」第7話 解説レビュー 徳川家定の真実 慶喜に嫉妬してた?大河ドラマ「晴天を衝け」を10倍楽しむ為の解説レビューです。ドラマではあまり触れられないような時代背景や、経緯などを解説しながらレビューします。第7話では阿部正弘亡き後の混乱が描かれます...

 

 

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST