風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
サニーボーイ

【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第4話 ネタバレ感想 猿殺し事件

オペレーター
オペレーター
アニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第4話「偉大なるモンキー・ベースボール」の感想レビューです

偉大なるモンキー・ベースボール

モンキー・ベースボール

ひとみん
ひとみん
↓ネタバレOKな方は、右のマークをポチっとしてあらすじを見てね
あらすじ ネタバレ →
  • STEP01
    注目される長良の能力
    飛び込みの遊びをしている最中、無理やり落とされた長良は世界をワープさせる。長良は、そこで、野球のマウンドに立つ青毛のサルをみる。屋台のインド料理店で食事をする長良、希、瑞穂、朝風の4人。そこにキャップがやってくる。キャップを嫌っている朝風は退席する。キャップは、長良達を野球に誘う。
  • STEP02
    サルたちの野球
    野球の練習中、キャップは別の世界のサルたちの野球について語る。サルに興味を持つ希と瑞穂だが、サルの世界を見るためには、「サル・ゲッター」というアイテムが必要で、それはエースが持っていた。エースは、野球の勝負で長良達が勝ったら、「サル・ゲッター」を貸すと挑発して、瑞穂がその挑発に乗る
  • STEP03
    世界に打ち克つ
    練習からの帰り道、キャップは、モンキーベースボールでおきた「サル殺し事件」について語る。審判の判定に不満を持った観客がグラウンドに乱入して、球審が死亡する。その話を聴いて憤る希。翌日、エースとの対決中に長良は、球審だった片腕のサルを見る。

スパルタな希

オペレーター
オペレーター
冒頭、突き落とされて岩に激突しそうになった長良を、朝風が助けようとしますが、希が朝風を止めます

飛び込む希

ドロシー
ドロシー
それで長良の能力が少し覚醒するのだけど、やり方がスパルタよね。どこかのヨットスクールみたい
円城寺
円城寺
命がけですからね

スポンサーリンク

謎の「ハテノカレー」

オペレーター
オペレーター
長良、希、瑞穂、朝風の4人が一緒に食事する位打ち解けているようです
ドロシー
ドロシー
朝風も、何だかんだ言いながら、ここしか居場所無いのかしら
ひとみん
ひとみん
ラジダニも入れてあげればいいのに

ビリヤニ風ドライカレーか。中々本格派

円城寺
円城寺
カレーの種類はドライカレーですかね?目玉焼きとか入っていて中々本格的ですね

シェルター

オペレーター
オペレーター
明星(ほし)は、シェルターの建造を計画しているようで、ラジダニに資材を発注しています
円城寺
円城寺
個室が全員分36室あって、それぞれにエアコン。動力は、エーテル発電で、飲料水とかは、循環型で賄うようですね
風雅
風雅
シェルターという事は、何か大きな災害か、戦争が予言されているんですかね
ドロシー
ドロシー
これは先々に向けて重要なファクターよね

シェルター建造の目的は何か

モンキーマウンテン

モンキー・ベースボールの説明

オペレーター
オペレーター
延々とキャップが語るモンキーベースボールについて、整理しましょう

ブルー

モンキー・ベースボールの歴史

  • エースが道具と野球入門の本をサルに渡す
  • サルが野球を始める
  • ステロイドモンキーが前人未踏の年間本塁打80本を記録する
  • アッパーモンキーが打撃の神様モンキーリバーの通算打率を2厘上回る
  • ミスターモンキーが監督して伝説のV10を達成する
  • 奇蹟のサル、モンキーブルーが現れる
  • 「サル殺し事件」発生
ドロシー
ドロシー
エースが道具や入門書を渡してから、サルが野球を始めたんでしょ?年間本塁打記録とか、V10とか、どんだけハテノ島にいるのよ、って感じよね
円城寺
円城寺
この辺りの時間経過は謎ですね
時間経過が摩訶不思議。そこの理解はオーディエンスに負担をかけるところだろうか
ひとみん
ひとみん
このサルたちは何かの喩え?
オペレーター
オペレーター
リバーは”川”で、アッパーは”上”なので、足して川上ですね
風雅
風雅
ビッグフットは巨足?巨人の事ですかね
ドロシー
ドロシー
そうすると、ミスターは長嶋?でも、10連覇なんてしてないわよ
ステロイドは、ステロイドを使ってメジャーで本塁打を量産していた人たちの総称でしょう

元ネタ考察

アッパーモンキーとモンキーリバー

→ ”打撃の神様”「川上哲治」

ビッグフット

→ 巨人

ミスターモンキー

→ 長嶋

ステロイドモンキー

→ ステロイドを使って本塁打を量産していた人たち

スポンサーリンク

サル・ゲッター

オペレーター
オペレーター
サルの世界を見るには、サル・ゲッターと言うアイテムが必要です

サルを見たい瑞穂

不安になる猫

ドロシー
ドロシー
こりゃまた謎設定よね。
  • なぜエースが、サル・ゲッターを持っているのか
円城寺
円城寺
今まで、珍しいアイテムが登場すれば、ラジダニが開発したものと仮定していましたが、サル・ゲッターに関してはラジダニも「興味がある」って言ってたので、ラジダニが開発したものでは無いという事ですね
風雅
風雅
普通に考えると、入門書のお返しにサルにもらったと考えるのが妥当でしょうか

サル・ゲッターを掛けた野球勝負に

オペレーター
オペレーター
サルゲッターの貸し出しには上海が反対します

文句を言う上海

円城寺
円城寺
特に瑞穂を嫌っているようですね。まあ、猫お断りの看板を創るくらいですからね

 

上海は猫嫌い?

オペレーター
オペレーター
エースとの野球勝負で長良達が勝てば貸し出すという事で話がつきます

エースの美味しい水

オペレーター
オペレーター
エースの能力は水を美味しく飲めるというものです。なので、野球には特に役立たなそうです
ドロシー
ドロシー
これは皮肉よね。練習を思いっきりやった後は、水が美味しい。エースは練習嫌いだから、本当に美味しい水は、飲んだことが無い。
円城寺
円城寺
だから水が美味しく飲める能力って、嫌味がスゴイ

英雄の登場

オペレーター
オペレーター
ここで冒頭出てきたモンキーブルーについて、キャップが説明します
  • 青毛の為、差別や迫害を受けながら、圧倒的才能で英雄になる
  • 多くのレジェンドを引退に追い込む
  • 弱小クラブで優勝する
オペレーター
オペレーター
以上の事から、モンキーブルーは、民衆の圧倒的な支持を得ます
円城寺
円城寺
そんな時に「サル殺し事件」が発生するのですね

スポンサーリンク

野球の練習

希の万能感

オペレーター
オペレーター
野球の練習では長良のセンスの無さが失笑を呼びます
ドロシー
ドロシー
さすが三連続エラーで負けただけの事はあるわ
円城寺
円城寺
それに対して希は万能感一杯ですね

突出した打撃センスを見せる希

オペレーター
オペレーター
エースとの対決に備えて、長良、希、瑞穂は野球の練習をします

ドカベン岩鬼風葉っぱで激を飛ばす瑞穂

エースと長良とキャップ

ブルーと球審

オペレーター
オペレーター
ここで、キャラたちの「サル殺し事件」に関する評価の違いを整理してみましょう

エースの考え

球審は殺されて当然

球審の行為は、「凡人が天才を殺す」「無知なバカが才能を潰す」ような行為だから

希の考え

球審は凄いサルだ。彼は世界に打ち克った

キャップの考え

ブルーは皆の希望を背負っていた

長良の考え

殺されたのはサルじゃない。野球だ

風雅
風雅
この辺り価値観の違いが如実に表れていて面白いですね

野球とは

ブルー → ベースボールショー

球審  → 残酷なまでの平等

長良  → 公正な社会

風雅
風雅
公正な社会で成された記録だからこそ、それまでのブルーの偉業は称えられるわけです

チートじゃなく、公正な条件の元に成された偉業だから、ブルーは偉大。

もし、インチキで完全試合が成立していたら、ブルーのそれまでの偉業も色褪せていた

ひとみん
ひとみん
球審が”世界”に打ち克つことで、それまでのブルーの偉業も守ったわけね

勝者と敗者

長良の前にエースと対決した希。三振に倒れる

オペレーター
オペレーター
長良は結局空振り三振を喫しますが、勝者のエースがうな垂れて、長良が歓声に迎えられました

エースを慰める上海。羨ましい人もいる

ドロシー
ドロシー
ここは単純に強い相手だからって、卑屈にならずに立ち向かう姿勢が大事と言うメッセージよね

エースも練習嫌いで、結局、努力して得た力じゃないって意味では、「この世界」で、長良や朝風が得た能力と何ら変わりはない

屈託なく野球を愉しむ

円城寺
円城寺
そういう意味では、キャップが最後に語っていた、「才能の有る無し」とか、「進学に有利」とか、意識すると野球が楽しくなくなり、止めたかった。でも、サルたちを観ていて、また野球がやりたくなった、というのが締めだったたらキレイに終わってましたね

野球は殺されてはいない。少なくともキャップはそう感じた

= ”世界”(人の欲望)に打ち克った(かけがえのないモノを護った)

オペレーター
オペレーター
ところが一筋縄では終わりませんでした

あき先生

ドロシー
ドロシー
で、「遊びは終わりだ!」で最後にちゃぶ台返し
ひとみん
ひとみん
あき先生って1話に出ていた先生?

ぶりっ子あき先生1話の時は、顔出し無し

オペレーター
オペレーター
ミニスカートでタンクトップ姿のファックスをさせられていた先生ですね
ドロシー
ドロシー
あの時は、超ぶりっ子って感じだったけど、今回は全然違うわね
円城寺
円城寺
加隈亜衣マジック

 

【2021夏クール おススメのアニメ】

【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第1話 感想レビュー テーマは「アンチテーゼ」か「連帯」かアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第1話「夏の果ての島」の感想レビューです。普通の異能モノと違って個性的な能力が登場します。例えば、ネコが望むものを届けてくれる「ニャマゾン」は「アマゾン」のパロディと思われます。そうした、個性的な能力を観察しながら、作品のメインテーマを考察します。また、同じ監督、アニメ制作会社、主要キャストで制作された過去の作品との関連なども分析します。...
【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第2話 感想レビュー 不正を憎む炎が全てを燃やすアニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第2話「エイリアンズ」の感想レビューです。諦めが先に立ち行動できない長良と、不正が許せなくて、素直になれない瑞穂に対して、行動変容を促すストーリーです。促すのは、もちろん希。十五少年漂流記のように、無人島で少年少女たちが如何にして、コミュニティを構築していくかが描かれます。...
3話タイトル上海
【考察】SonnyBoy(サニーボーイ) 3話ネタバレ感想 格差社会と必要な人間アニメーター夏目真悟が、原作・監督・脚本を担当する「青春SFサバイバル群像劇」、テレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第3話「下駄を履いたネコ」の感想レビューです。HYO-RYU-COINの流通により、否応なしに貨幣経済に組み込まれていく生徒たち。格差が広がる、階級社会でもがく生徒たちの苦悩と、他人から必要とされる大事さに気づく長良が描かれます。...
【考察】Sonny Boy(サニーボーイ) 第5話 ネタバレ感想 「君は特別」は決め台詞?あき先生の登場で嵐の予感がするテレビアニメ『Sonny Boy(サニーボーイ)』の第5話「跳ぶ教室」。あき先生の策略で進む少年少女たちの分断と対立、決別する朝風、そして大川透「ヴォイス」に変わって、ツダケン「やまびこ」登場と、目まぐるしく変化していきます。長良潰しを画策しているが如き、あき先生は、庇護者に頼りたい未熟な大勢の生徒を先導して、朝風を「君は特別」という殺し文句で仲間に引き入れます。特に3話で引き籠っていた加賀は、醜悪な嫉妬で長良を避難します。一方、神に漂流の原因は自分にあると言われた瑞穂。希の過去も気になる第5話です。...

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST