風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
ヴァニタスの手記

【考察】ヴァニタスの手記 第2話 感想レビュー ヒロイン候補登場?絶品のバトルシーンは目の保養

オペレーター
オペレーター
迫力あるアクション、粋で優雅な要素に満ちたボンズ制作のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第2話「Noé―花の都にて―」の感想レビューです

第1話感想レビュー

【考察】ヴァニタスの手記 第1話 感想レビュー 血界戦線を近代ヨーロッパ風の粋に昇華ボンズ制作のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第1話「Vanitas―ラスティ=ホープスの場合―」の感想レビューです。舞台は19世紀のパリ。吸血鬼が存在する世界で、吸血鬼専門医を称する青年ヴェニタスと、吸血鬼の青年ノエのコンビが活躍する物語です。絵柄や雰囲気は同じボンズ制作のテレビアニメ「血界戦線」を19世紀西欧風に耽美的にしたイメージです。 ...
ひとみん
ひとみん
冒頭、ノエの幼少時代のエピソードが語られます。あの少年は誰か?、お爺様とは誰か?気になるところです

Noé―花の都にて―

ヴァニタスとノエの共闘

ひとみん
ひとみん
↓ネタバレOKな方は、右のマークをポチっとしてあらすじを見てね
ドロシー
ドロシー
1話のCパートで、のこのこ飛行船に戻って捕まった所からスタートよ
あらすじ ネタバレ →
  • STEP01
    オルロック伯爵
    ノエの幼少時代のシーン。一緒にいた少年が”呪い持ち”である事を語る。そして、現在。ヴァニタスとノエは牢屋にいる。二人は、バークス・オルロック伯爵の力で釈放される。オルロック伯爵の元に荷物を取りに行く二人。しかし、ヴァニタスの書は返して貰えなかった。しかも、オルロック伯爵は、”呪い持ち”を治すことなど不可能だと主張し、アメリアを処分するという。ノエは、オルロック伯爵からヴァニタスの書を奪い返す。そして、目の前で”呪い持ち”の吸血鬼をヴァニタスの書を使って治すから、それでアメリアの処分を止めるように取引を持ち掛ける。
  • STEP02
    トマ・ベルヌー
    二人は、「9人殺し」と言われるトマ・ベルヌーを追う。建物を出た二人を情報屋ダンテが待ち構えており、トマ・ベルヌーの居所を教える。二人が立ち去った後に、ヨハンが現れて、ルスヴン卿の「Bourreau(ブロー):処刑人」がヴァニタスの書を狙っていると情報をもたらす。ヴァニタスとノエがトマ・ベルヌーを捕獲したところに、ルカと名乗る少年が美女を連れて現れる
  • STEP03
    業火魔女
    ルカは、ヴァニタスの書が”呪い持ち”を量産していると誤解しており、ヴァニタスの書を処分するので渡して欲しいと告げる。当然、ヴァニタスは拒否するが、ルカの騎士、ジャンヌが力づくで奪いに来る。ヴァニタスとノエは、ジャンヌに太刀打ちできないと判断して逃亡する。

スポンサーリンク

アメリアを助けたい動機

オペレーター
オペレーター
アメリアを助けたい動機ですが、ヴァニタスとノエで異なるようです

アメリアを助けたい動機

ヴァニタス → 患者だから

ノエ    → ”呪い持ち”を助けられなかった過去を乗り越えたい

円城寺
円城寺
そんな二人が、アメリアを助けるという目的の為に共闘するのですね
ドロシー
ドロシー
ヴァニタスの方は、そのまま仲間にしようと言う魂胆みたいだけどね

オルロック伯爵

血の気が多い執事とメイド

ノックス、マーネは、血の気が多そう

オペレーター
オペレーター
新しい登場キャラですが、バークス・オルロック伯爵の傍に仕える、ノックス、マーネが登場しました
ドロシー
ドロシー
二人ともスゴく猛々しいかったわ。掴みかからんばかりだった

部下に優しい?オルロック伯爵

オペレーター
オペレーター
オルロック伯爵は、異界領主として、人間界に眼を光らせる役割のようです
ドロシー
ドロシー
アメリアに対して非情な事を言っていたけど、見かけや声のトーン程、非情じゃないみたい
円城寺
円城寺
ノエがキレた時に、「ヴァニタスの書」より、ノックス、マーネを庇っていましたね。

オルロック伯爵は、一見厳格で怖そうだが、「ヴァニタスの書」よりメイドや執事を大事にするなど、実は優しいのでは?

スポンサーリンク

情報屋:ダンテ、ヨハン、リーチェ

オペレーター
オペレーター
1話でも登場した、情報屋のダンテですが、ヨハン、リーチェといった仲間が登場しました
風雅
風雅
リーチェは見た目と違い、中々勇敢ですね。トマ・ベルヌーからも、ジャンヌからも逃げずに正対してましたね

ルカとジャンヌ

美女とショタ

オペレーター
オペレーター
そして2話終盤にルカとジャンヌが登場します
ドロシー
ドロシー
スッキリ終わらない展開は、大人向けね
円城寺
円城寺
ようやくヒロイン候補が登場という所でしょうか
ひとみん
ひとみん
ショタがもれなく付いてくるのが玉にきず

観ていてワクワクするアクションパート

オペレーター
オペレーター
今回も迫力のアクションシーンがありました
ドロシー
ドロシー
今回も血界戦線っぽくもあり、ヨーロッパが舞台なだけにFateぽさもあったりして見応えがあったわ
円城寺
円城寺
ジャンヌとか、出て来ましたしね。因みにモデルはこちらしょうね

ジャンヌダルク

風雅
風雅
エフェクトは勿論ですが、紅いガントレットの質感も半端なかったですね
ボンズの醍醐味。スペクタルなバトルシーン+道具類の高い質感

スポンサーリンク

魅力的なキャラの表情、所作

風雅
風雅
特にバトル前後が、そうなんですが、キャラの表情や所作が非常に魅力的に描写されていますね
円城寺
円城寺
特にジャンヌは描写に力が入っていましたね

 

華麗なるパリの街並み

19世紀のパリ

オペレーター
オペレーター
パリの街並みが本格的に登場しだしました。時代的にエッフェル塔は微妙ですが

ルーブル美術館やベルサイユ宮殿、グローリアス大聖堂などは期待できそう?

ドロシー
ドロシー
飛行船の中のカフェもオシャレだったけど、背景とか、建物とかも優雅で粋よね。観ていて目の肥やしになるわ
風雅
風雅
本当に美的センスが良いですね。

今後の展開予想

ジャンヌから逃げ切れるか

オペレーター
オペレーター
リーチェを置いてにげたヴァニタスとノエですが、ジャンヌを退ける事が、出来るでしょうか?
ドロシー
ドロシー
まあ、リーチェはジャンヌのターゲットじゃ無いから大丈夫でしょう
円城寺
円城寺
まともに戦うんじゃなくって、超卑怯な手を使いそうですね

ヴァニタスが思い付いたジャンヌ対策とは?

スポンサーリンク

アメリアを救えるか

オペレーター
オペレーター
もう一つは、アメリアを救えるかどうか
ドロシー
ドロシー
これは大丈夫でしょう。オルロック伯爵は、冷酷そうに見えても、ヴァニタスの書よりも、メイド・執事のノックス、マーネを護る事を優先するような甘ちゃんだから

カッコイイ主人公じゃなく

円城寺
円城寺
カッコイイ主人公じゃなく、小賢しい主人公っていう感じで、中々愉快ですね。次回、どんな卑怯な手を使うのか楽しみですね

<関連記事>

【考察】ヴァニタスの手記 第3話 感想レビュー 卑怯な主人公が強いヒロインを制す正統派の主人公とは対極にいる、軽薄で卑怯なキャラクターが主人公のテレビアニメ『ヴァニタスの手記』(ヴァニタスのカルテ)の第3話「Archiviste ―血を暴く牙―」の感想レビューです。圧倒的な実力差の前に「業火の魔女」ジャンヌに追い詰められるヴァニタス。ジャンヌを退ける秘策とは悪党もビックリのとんでもない卑怯な手段でした。そしてアメリアの記憶を辿る中で見えた真の敵「シャルラタン」。物語は、吸血鬼(ヴァンピール)の世界、異界へと移っていきます。...

 

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。