風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
ワンダーエッグ・プライオリティ

【考察・感想・分析】ワンダーエッグ・プライオリティ 第9話レビュー 「エッグ=卵子説」再浮上か!?

オペレーター
オペレーター
テレビアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」第9話「誰も知らない物語」の感想レビューです。今回は青沼ねいるのキャラ深掘りエピソードですが事件の黒幕について、急展開がありました

青沼ねいるのバックグランド

アルビノの少女

【あらすじ①】

普段孤高のイメージがある青沼ねいるが、三人を家に招待するといい、三人は驚く。

三人は、「ねいる」の脳波を分析して映像化したエッグの世界の映像を田辺美咲から紹介される。この技術は「ねいる」の会社の技術。「ねいる」の家は自身が社長を務める会社だった。「ねいる」の部屋に向かう途中、田辺美咲は、「ねいる」が高IQ団体プラティの会員であると告げる。また、「ねいる」は、自身がプラティの会員カップルによる人工授精で生まれた子供だと打ち明ける。「ねいる」の部屋は地下9Fの医療フロアにあった。医療用ベッドにくまのぬいぐるみ。大戸アイは思わず見入る。

部屋で「ねいる」は、阿波野寿という生命維持装置に入った少女を紹介する。彼女は臨死実験をきっかけに植物状態になっていた。
阿波野寿はアルビノで色素の少ない容姿をしていた。「ねいる」は、阿波野寿とエッグの世界であったという。エッグを割ったら阿波野寿が出てきたと告げる。

スポンサーリンク

人工授精と妹

オペレーター
オペレーター
青沼ねいるは、自身が人工授精で誕生したと説明しました。また、両親は知らない・関心無い、と答えています
ドロシー
ドロシー
そうなると”妹”との関係性が大きな謎ね。今回、妹には一切触れなかったから

「エッグ=卵子」説再浮上!?

ひとみん
ひとみん
ドロシーが3話のレビューで「エッグ=卵子」説を唱えたけど、再浮上かな!
【考察・感想・分析】ワンダーエッグ・プライオリティ 第3話レビュー 『大戸多恵』黒幕説を検証アニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」第3話「裸のナイフ」の感想レビューです。前回、黒幕説を検証した沢木修一郎が露骨にミスリードっぽくなってきました。シリーズ序盤という事で、青沼ねいると川井リカの情報開示量の違い、から『大戸多恵』黒幕説の検証まで幅広く考察します。...
ドロシー
ドロシー
もう一つは、ワンダーエッグの意味。1話で私たちは”イースターエッグ”って言ってたけど、イースターエッグじゃなくって、”卵子”だったら、と考えたの。
円城寺
円城寺
そうですね。人工授精だとその可能性も出て来ましたね

意味深なクマのぬいぐるみ

オペレーター
オペレーター
あと医療用ベッドに意味深なクマのぬいぐるみがありました
円城寺
円城寺
これは6話で出てきたヤエですね。彼女がここのベッドを使用していたら、と考えると・・・。
ドロシー
ドロシー
あのワンダーキラー「怪物少女」の声は田辺美咲だったしね

吉田ヤエのワンダーキラー「怪物少女」の声は田辺美咲だった。

風雅
風雅
でも肝心のクマのぬいぐるみ自体が似ても似つかないものなので、関係性は薄いかもしれないです

スポンサーリンク

あどけない悲しみ

阿波野寿

【あらすじ②】

エッグの世界で阿波野寿と出逢う、「ねいる」。
会話中にワンダーキラー「ドクター関」に襲われる。
逃げながら、寿と話しをする「ねいる」。
寿は死の誘惑は、「あどけない悲しみに攫われる感覚」という。
ワンダーキラーを倒した後、寿は、「ねいる」に自分の身体が政府に回収される前に、生命維持装置を外す事を約束させる。

その様子をみる田辺美咲。

寿と大戸アイはオッドアイ同士

円城寺
円城寺
寿はオッドアイでしたね
風雅
風雅
大戸アイと何らかの関係があるかもしれないですね

ゲストは大物声優

ひとみん
ひとみん
ワンダーキラーの声、大塚 芳忠だった
ドロシー
ドロシー
ベテランの大物よね。ムカデは中田譲治だったし

大いに楽しみましょう。一度きりの人生を!

ファンタジー

【あらすじ③】

寿の生命維持装置を外す件について言い争う、ねいるとリカ・桃恵。
三人は一旦。外に出るが、大戸アイだけが戻る。

田辺美咲とモニターを通じて話すアカと裏アカ。
田辺美咲は、ねいるが死の誘惑の真相に近づいているという。
アカは、「寿がヒントを出したからな」という。
少女たちの自殺ホントの理由は、アカと裏アカの二人に原因があるという。
その会話を聞くリカと桃恵。

生命維持装置を外すボタンを押せない、ねいる。
大戸アイが力を貸して二人でボタンを押す。

アカと裏アカが碁を打ちながら、ねいるの寿の検体の回収の話をする。
アカは、裏アカがねいるのエッグを寿にして回収前に生命維持装置を外させたのだろうと指摘する。

ねいるは、ボードレールの散文詩「酔いたまえ」を朗読する。
そして、寿の『大いに楽しみましょう。一度きりの人生を!』

スポンサーリンク

田辺美咲はやはりモブでは無かった

ひとみん
ひとみん
4話のレビューでネームドにしている事をあげてたけど、やはりただのモブじゃなかったね、田辺美咲は
【考察・感想・分析】ワンダーエッグ・プライオリティ 第4話レビュー 「ひまわり:大戸アイ」は三角関係の象徴!?テレビアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」第4話「カラフル・ガールズ」の感想レビューです。今回でメインキャラクターが全員登場します。それぞれのキャラに関する事や、エッグ世界と感情脳の関係や、ヒマワリと三角関係(アポロン、クリュティエ、エウコトエ)に関する考察など整理しています。...
ドロシー
ドロシー
モブっぽいけど、わざわざネームドにしてる理由はなにかしら?
ドロシー
ドロシー
「政府」なのか「プラティ」なのか知らないけど、グルってことね

ちょっとマヌケ

円城寺
円城寺
でもアカと裏アカは、川井リカと沢木桃恵に聞かれていることを承知していたのでしょうか?気づいてないなら、流石にマヌケすぎますね
風雅
風雅
あと、やたらと裏アカが4人の肩を持っているところも気になりますね

誰が押したか分からない=誰の精子か分からない?

ひとみん
ひとみん
生命維持装置を外すボタンを二人で押したけど、何か意味が有る?
ドロシー
ドロシー
精子バンクから提供を受けた人工授精で父親が誰か分からない、っていうのと同じかもしれないわね。
円城寺
円城寺
そういうなぞかけですかね
風雅
風雅
確かに川井リカも父親がだれか分からない、という境遇でしたから、そう言うテーマかも知れないですね

 

 

ABOUT ME
風雅クラブ
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST