風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
ワールドトリガー

アニメ【ワールドトリガー】1期振り返り

オペレーター
オペレーター
アニメ「ワールドトリガー」の2ndシーズンが放送されますが、1期の終了から4年半が経過していますので、記憶を呼び覚ます意味も込めて1期を振り返りたいと思います

世界観・設定

ネイバー(近界民)とボーダー(界境防衛機関)

オペレーター
オペレーター
人口約28万人の架空の都市、三門市が舞台です。そこに異世界とのゲート(門)が現れ、異世界からの侵略者「ネイバー(近界民)」が街を破壊し、人々を襲う事態となります。「ネイバー」のテクノロジーは特殊で、地球上の武器は効果が薄く、手も足も出ない事態に陥ります。そこに突如「ネイバー(近界民)」を撃退する「ボーダー(界境防衛機関)」という組織が現れる。それから4年後と言う設定です
ドロシー
ドロシー
「ボーダー(界境防衛機関)」というのは”地球防衛軍”みたいな感じなのだけど、民間の組織なのよね
要約リスト

三門市(架空の都市)に異世界とのゲートが現れる

異世界からネイバーが現れ人々を襲う

「ネイバー」のテクノロジーは特殊で、地球上の武器は効果が薄い

そこに突如「ネイバー(近界民)」を撃退する「ボーダー(界境防衛機関)」という組織が現れる

●ネイバー:異世界からの侵略者

●ボーダー:ネイバーからこちら側の世界を護る組織

円城寺
円城寺
ネイバーが侵略する目的などは後で徐々に明らかになります。ボーダーの成り立ちなどは1期時点ではあまり明かされていません

スポンサーリンク

テクノロジー編:トリガーとトリオン

オペレーター
オペレーター
次に作品内でのテクノロジーについてです。
トリガー

ネイバー文明を支えるテクノロジー。主に武器として使用される

トリガーを起動すると対象者のカラダはトリオン体に換装される

トリオン体に有効な攻撃を出来るのはトリガーだけである

ボーダーはネイバーの技術を研究して独自に発展させている

優れたトリオン能力者の遺産として格段に能力が高い黒トリガーがある

ひとみん
ひとみん
作品内では殆どのケースで「トリガー=武器」です
トリオン

トリガーの動力源になる生体エネルギー

人間の体内で生成されるが量には個人差がある

トリオンを使って物理的な換装体や建築物、兵器(トリオン兵)なども製造できる

トリオンの量が多いと強い戦闘員になれるし、建造物(土地や惑星を含む)の製作にも役立つ

トリオン=資源であり、領土

トリオンの量が多い人は貴重な資源であり、且つその存在自体が領土にもなるので、作品世界ではトリオンの量が多い人の”奪い合い”という側面もあります

トリオン体の時(=トリガー起動中の時)身体能力が大幅にアップして、病弱な人も戦闘出来るようになります。また、トリオン体にダメージを与えられるのはトリオンによる攻撃のみ、トリオン体が損傷を受けても実体にはありません。

スポンサーリンク

ボーダーの組織構造

オペレーター
オペレーター
ボーダーの戦闘員組織が主に物語の舞台になりますので、その組織構造について少し詳細に説明します
オペレーター
オペレーター
ボーダーの隊員は実績でA・B・Cの3つのランクに分かれます
ひとみん
ひとみん
主人公たちは、ネイバーに連れ去られた大事な人を救出するために、遠征部隊に選抜される資格が有るA級を目指します

主人公サイド:キャラ

オペレーター
オペレーター
主人公サイドのキャラをご紹介します

三雲修(みくもおさむ)

別名メガネ。中学3年生。正義感が強く自己犠牲も厭わない。

トリオンは非常に少なく、戦闘能力は低い(つまり才能が無い)

努力型・創意工夫型のヒーロー

空閑游真(くがゆうま)

ネイバーから来た少年。15歳。

ネイバーではずっと戦争の中に身を置いていて戦闘経験は豊富

父親の形見となる黒トリガーを所持している。

父親はボーダーの創設に関わった人物で、父親の友人(=故人)を訪ねて三門市に来た。

雨取千佳(あまとりちか)

修の後輩の中学二年生。千佳の兄は修の家庭教師をしていた。

桁違いに高いトリオン能力を持ち、トリオンモンスターの異名を持つ

但し、人を撃つことが出来ない。

高いトリオン能力の為、ネイバーに狙われている

友達と兄がネイバーにさらわれたため、遠征部隊への参加を希望している

迅悠一(じんゆういち)

高い戦闘能力を持ち、三雲修や空閑游真の良き兄貴分となる。

空閑游真の父親の友人を師匠に持ち、その形見の黒トリガーの使い手。(後に手放す)

未来を予知する能力がある。

中の人とファーストネームが同じ。

レプリカ

游真の父、空閑有吾によって作られた”多目的型トリオン兵”

游真のお目付け役

スポンサーリンク

ストーリー概要

オペレーター
オペレーター
1期のアニオリ部分を除いたストーリー概要です

全体ストーリー

  • STEP01
    邂逅編
    ボーダーC級隊員である三雲修のクラスに空閑游真が転向してくる。修は不良に絡まれている游真を助けようとするが、逆にコテンパンにやられて、游真に助けられる。そこにネイバーのトリオン兵が現れて、不良を襲う。正義感の強い修は無謀にも訓練用トリガーで立ち向かうが歯が立たず游真に助けられる。游真はネイバーから来たと修に告げる。

    C級隊員が訓練以外でトリガーを使用するのは規則違反であった。一方、従来と異なり不規則な位置にゲートが発生する原因が分からず苦慮するボーダーは、その原因調査を迅悠一に委ねた。迅は予知能力で、游真が原因を突き止めることを察知して、修の処分と引き換えに依頼を受諾する。そして游真がイレギュラーゲート発生問題解決の手柄を修に譲ることで修はB級隊員に昇格する。

    ある日修はネイバーを引き寄せるという雨取千佳を游真に紹介する

  • STEP02
    黒トリガー争奪戦編
    兄や友人をを探すためにボーダーに入って、遠征部隊に加わりたいという千佳の願いをかなえるために修は游真をボーダーに誘う。

    一方、游真がネイバーで黒トリガーを所持していると知ったボーダー上層部はそれを奪取すべく、A級上位の太刀川隊、冬島隊、風間隊と三輪隊を差し向ける。游真の父と親交のあった、忍田や林藤は游真を護ろうとする。迅はこの騒動を収める為、游真のボーダー入隊と引き換えに所持している黒トリガー「風刃」をボーダー本部に差し出す事で事を収める

  • STEP03
    ボーダー入隊編
    1月8日ボーダーに入隊した游真と千佳は周囲を驚かせる能力を発揮する。訓練の途中でA級隊員の緑川と知り合った修と游真。迅のファンであった緑川は当初、迅に目を掛けられていた修を目の敵にするが、游真とランク戦をすることで打ち解けるようになる
  • STEP04
    大規模侵攻編
    C級隊員の捕獲を目的にネイバー最大級の軍事国家アフトクラトルが大規模侵攻を仕掛けてくる。途中で、千佳のトリオン量に気づいたアフトクラトルは狙いを千佳に絞る。なんとか、千佳を守り抜いた修と游真だが、修は重症を負い、游真は相棒のレプリカを失う(アフトクラトルに連れ去られる)のだった。また、大量のC級隊員たちが攫われたのであった。

    アフトクラトルがC級隊員に狙いをつけた理由が修の規則違反にある事から、責められた修は、遠征部隊に加わって攫われたC級隊員を取り戻すと宣言する。また、游真もレプリカを探しに行くという目的を持つ。千佳を合わせた三人は遠征部隊入りを目指してランク戦に取り組むことになる(大規模侵攻時の活躍により与えられた游真と修の勲功を千佳に回す事で千佳もB級隊員となる)

  • STEP05
    B級ランク戦
    無事B級に昇級した游真・千佳・修の三人は、修を隊長とした「玉狛第二」を結成。A級昇級試験を受ける条件であるB級2位以内を目指す戦いが始まる
円城寺
円城寺
駆け足の振り返りとなってしまいました。B級ランク戦については、2ndシーズンのレビュー内で詳しくやりたいと思います
ABOUT ME
風雅クラブ
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST