風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
とある科学の超電磁砲

【考察】テレビアニメ「とある科学の超電磁砲」 2話 感想レビュー

オペレーター
オペレーター
名作テレビアニメ「とある科学の超電磁砲」第2話「炎天下の作業には水分補給が必須ですのよ」のレビューです。
円城寺
円城寺
この回はいわゆる、コメディ回・日常回になります。御坂美琴と白井黒子の関係が描かれます

第2話の構成上の位置づけ

御坂美琴、白井黒子、初春飾利、佐天涙子の4人の関係のうち、

「御坂美琴=白井黒子」

常盤台と高レベル能力者という共通世界を共有

「白井黒子=初春飾利」

ジャッジメントという共通の世界と価値観を共有

「初春飾利=佐天涙子」

柵川中学・低能力者という共通の環境、

以上の関係は物語開始時点で既に成立していました。これらの関係を丹念に描いていくエピソードがシリーズ前半に組み込まれています。そうする事で、物語開始後に知り合い、且つ一番格差が大きい御坂美琴と佐天涙子の関係性の難しさに説得力がでます。

そして、上記の3組の関係性のうち、「御坂美琴=白井黒子」の関係について描いたのが第2話の位置づけに成ります。また、二人が生活している常盤台の寮を登場させる事で、御坂美琴と白井黒子が、どのような生活をしているのか、視聴者がイメージし易くする役割も担っています。そうする事により、視聴者がキャラを深く理解し、愛着を持つ手助けになっているエピソードです。

お嬢様の寮

佐天のガサ入れ

オペレーター
オペレーター
御坂美琴の招待で、常盤台の女子寮を訪れた佐天涙子と初春飾利。一方黒子は、美琴と同室になって一か月の”アニバーサリー”に佐天と初春を招待した事が、気に入りません
円城寺
円城寺
佐天はいきなり、ベッドの下を調べます

(佐天)友達の部屋に遊びに来たらまずはお約束のガサ入れかなって

ドロシー
ドロシー
そこでセクシーなランジェリーを大量に発見するけど、全部黒子のモノ。そして、なぜか美琴の下着も混ざってて、美琴が黒子にお仕置き

私もレベル1だった

オペレーター
オペレーター
初春が空気を変えようと、アルバムがみたいと言い出します

意外と普通だった美琴のアルバムを見た後の佐天涙子と御坂美琴の会話

(佐天)でも、ちょっと意外。
(美琴)何が?
(佐天)ほら、御坂さんってレベル5で常盤台のエースじゃないですか。なんかいいとこのお嬢様で子供のころから、エリート街道まっしぐらみたいな
(美琴)そんなことないよ。私だって最初はレベル1だったし、全然普通の子だったって

私はレベル0なんだけどなあ~的な表情の佐天涙子

円城寺
円城寺
佐天涙子の表情が、この時点の二人の距離と言うか、美琴の佐天涙子(というより才能に恵まれない人たち)に対する理解の乏しさを物語っていますね

格差にどう向き合うか

佐天涙子も超能力者になるという夢と希望を持って、学園都市に来た筈です。しかし、能力判定の結果、無能力者という現実の前に夢も希望も色褪せている状態です。周りが、低能力者ばかりだと、その現実に対する絶望や負い目を感じる機会も少ないですが、近くにその夢や希望を実現させている人がいると、いやでも現実に向き合わされる事になります。今後、佐天涙子は、「自分は、誰かに助けられてばかりで、何も出来ない、価値のない人間だ」と自己否定ばかりで徐々に追い込まれていく事になります。

一方、御坂美琴にとっては、能力の有る無しは重要ではありません。正義を実行する意志と勇気が大事で、1話でそれを見せた佐天涙子は十分リスペクトに値すると思っています。しかし、それが上手く伝えられず、佐天涙子の苦悩にも寄り添う事が出来ない未熟さが徐々に露呈します。そこから御坂美琴が、如何に成長できるかが、超電磁砲レベルアッパー編における彼女の物語になります。

 

スポンサーリンク

黒子の果てない闇

宅急便の中身

オペレーター
オペレーター
美琴をターゲットにした隠し撮りの写真集がバレて、言い訳している所に黒子宛の宅急便が届きます
ドロシー
ドロシー
黒子の隠し撮りの写真集はこの後、定番になって行くわね

(業者)宅急便です。208号室、白井黒子さんのお部屋でよろしいでしょうか。
(美琴)はい。あの、品物は?
(業者)パソコン部品とありますが
(黒子心の声)そりゃそうですわね。あの手の業者はその辺りよく心得てますもの。
(美琴)送り主は?
(業者)有限会社「愛と漢方の絶倫媚薬」様からです
(黒子)で、そこを明記してどうしますの!
(美琴)黒子~。ささやかにお祝いするのになんで媚薬がいるのかしら。アンタの変態性質を治すには相当な荒療治が必要なようね。ここでその名の通り真っ黒こげになりなさい!

ひとみん
ひとみん
ここのやり取りムッチャ面白かった

裁かれる果てない闇

オペレーター
オペレーター
美琴の電撃攻撃をテレポートで逃れて廊下に出る黒子。余裕をかましますが、もっと恐ろしいものが待ち構えていた!

(寮監)寮則第九条。寮内での能力の使用はこれを固く禁じる。よもや忘れたわけではあるまい、白井

円城寺
円城寺
それは寮監でした。1話で銀行強盗を余裕で倒した黒子ですが、一瞬で裁かれます
オペレーター
オペレーター
そして美琴ともども罰則を与えられます

(寮監)規則破りには罰が必要だ。そうは、思わんか御坂

(美琴)は、・・・はい

レベル5も寮監相手には涙目

スポンサーリンク

水分補給

黒子のクラスメイト

オペレーター
オペレーター
罰則は、炎天下でのプール掃除でした。黒子は水分補給を美琴に提案しますが、美琴はすぐに黒子の魂胆を見抜きます

(黒子)お姉さま。炎天下での作業には水分補給が必須ですのよ。わたくし特性のドリンクは如何?

(美琴)要らない

(黒子)え!?どうしてですの?

(美琴)アンタ、昨日のパソコン部品。まさかその中に入れたりしてないわよね

炎天下で冷や汗だらけになる幸せ者

(美琴)やっぱりか!

円城寺
円城寺
ドリンクに媚薬を混ぜていたんですね、黒子は

 

黒子から美琴に紹介される二人

そこにたまたま水泳部に所属する、黒子のクラスメイト、湾内絹保と泡浮万彬が通りがかります湾内絹保は、粗暴な殿方に絡まれていたところを御坂美琴に助けてもらった経験があり、それ以来ずっと美琴に憧れていた。水流操作系の能力者で、用事を済ませた後で、プール掃除を手伝わせて欲しいと申し出る。

美琴の気遣い

オペレーター
オペレーター
湾内絹保と泡浮万彬と仲良くする美琴を見て、嫉妬に狂う黒子ですが、場面が切り替わって佐天涙子と初春飾利が会話しているシーン
円城寺
円城寺
美琴が黒子にプレゼントを用意している事が語られます

スポンサーリンク

喜び過ぎた黒子は、ついウッカリ、美琴に飲ませようとしていた媚薬入りのドリンクを飲んでしまします。

ひとみん
ひとみん
ココ、思わず吹いてしまった

黒子の暴走

オペレーター
オペレーター
媚薬入りドリンクを飲んだ黒子は暴走して、テレポート能力を使って、美琴の下着を取ります

当然のことながら、美琴の電撃攻撃によるお仕置きを受けますが、ハイになって暴走している黒子はそれを喜ぶ始末。用事を済ませて戻ってきた湾内絹保と泡浮万彬は、その様子を見てドン引きします。

ドン引きする湾内&泡浮

「炎天下の作業には水分補給が必須ですのよ」総評

オペレーター
オペレーター
第2話の総評、シリーズ全体での位置づけを含めて、どのような評価でしょうか
ドロシー
ドロシー
御坂美琴の普段の生活ぶりを描くというポジションの回よね
風雅
風雅
キャラに対して、「学園都市の第3位」という”記号”ではなく、普段の生活を想像できるようにする、それでキャラに奥行きを出せるわけですね。勿論、女子中高生の日常を描くという、この当時のアニメの流行りを満たす目的もあるでしょう。でも、それがメインのテーマという訳ではないですね

スポンサーリンク

エンディング映像

オペレーター
オペレーター
そして2話からはエンディング映像とエンディング曲が流れるようになりました

美琴と黒子の一コマで始まる

ドロシー
ドロシー
全体的にアニレーの世界観、メッセージ性を良く表しているエンディングよね
風雅
風雅
最後まで観るとそれがよく分かりますよね。特に最終話のタイトルがエンディング曲のタイトルですからね
ひとみん
ひとみん
でもラストの絵は少し寂しさを感じる
円城寺
円城寺
4人の携帯が並ぶシーンですよね。う~んそうですね。終わりを感じさせる絵ですよね

 

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。