風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
2021年アニメ

【考察・感想・分析】憂国のモリアーティ第21話 レビュー 「四つの署名」から「犯人は二人」へ

オペレーター
オペレーター
テレビアニメ「憂国のモリアーティ」の第21話「四つの署名」のレビュー&考察です。ワトソンが連れてきた婚約者、メアリー・モースタンが持ち込んだ相談。彼女に正体不明の人物から毎年贈られる大粒の真珠。そして父親の失踪。謎が謎を呼ぶ展開は、さらなる陰謀を予感させる。名作ミステリ「The Sign of Four」をモチーフにした作品です
円城寺
円城寺
原作では、4話構成だったものをコンパクトに1話に纏めています

 

四つの署名

ストーリーライン

ひとみん
ひとみん
↓ネタバレOKな方は、右のマークをポチっとしてあらすじを見てね
あらすじ ネタバレ →
  • STEP01
    ジョン・ワトソンの婚約者
    シャーロックがホワイトリー議員殺害事件の記事を読んでいるところに、ワトソンが婚約者のメアリー・モースタンを連れてくる。シャーロックはメアリーの様子から何か相談事があると見抜き、話をするように促す。メアリーの父親は軍人でインドに駐留していたが、10年前に帰国してから行方不明になっていた。父親と一緒にインドにいたショルトー少佐は、6年前に亡くなり、符合するように6年前からメアリーの所に毎年、大粒の真珠が贈られるようになったとの事だった。シャーロックは、メアリーがまだ何か隠していると考えていた
  • STEP02
    毒矢
    ショルトー少佐の双子の息子を訪ねたシャーロック一行は、其処で双子の兄、バーソロミューの遺体を発見する。イギリスにはない毒矢による殺人だった。そこに帰って来た双子の弟、サディアスに、シャーロックは、メアリーの父親と真珠に関する事情を聴く。ショルトー少佐とメアリーの父親は、インド駐留時代にアグラの財宝を手に入れたが、分け前で揉めてメアリーの父親は死亡したとの事だった
  • STEP03
    アグラの財宝
    その後、財宝を狙う何者かに怯えていたショルトー少佐は、そのまま死去したとの事だった。バーソロミュー殺害犯を追うシャーロックとワトソン。但し、シャーロックは、捕まえるだけではダメだという。今後のメアリーの安全の為、犯人たちに完全に財宝に対する執着心を捨てるように仕向ける必要があるとワトソンに告げる。
  • STEP04
    ミルヴァートンの影
    犯人を追い詰めたシャーロックとワトソンは、思惑通りに犯人に財宝をテムズ川に捨てさせる。犯人逮捕と財宝が回収不能となったことをメアリーに告げると、メアリーは絶望するのであった。その様を見ていたシャーロックはメアリーが脅迫されている事を言い当て、脅迫の首謀者はミルヴァートンであると看破するのだった

スポンサーリンク

原作4話分を1話に

オペレーター
オペレーター
今回のエピソードは原作では4話分のボリュームのあるエピソードでした。
風雅
風雅
それをアニメでは1話に纏めたわけですね。ここまで概ね原作2話分を1話に纏めることが多かったのですが、さらに約半分にしたわけですね。
円城寺
円城寺
原作は、4話でコミック1巻なんですが、1巻まるまるモリアーティが登場しないことに不満を言うファンも多く、少ない話数に纏めたのは、その対処の意味もあったのでしょう

削ぎ落されたモノ

原典は名作

オペレーター
オペレーター
原典となった「The Sign of Four」(和名「四つの署名」)は名作ミステリの呼び声高い人気作です
ドロシー
ドロシー
ホームズシリーズの中では、数少ない長編物でもあるしね

犯人側のドラマはカット

オペレーター
オペレーター
まず原作時点で既にカットされていたのが、犯人側のドラマです
円城寺
円城寺
アグラの財宝をどうやって手に入れたのか、インドでの出来事ですね。その後の、犯人サイドのいざこざも簡単に語られるだけでした
ドロシー
ドロシー
この作品の視点としては重要じゃないという事でしょうね
財宝に纏わる話など、四つの署名に関するエピソードは大きくカット

スポンサーリンク

ミステリ要素、推理要素も大胆にカット

オペレーター
オペレーター
原作では比較的拾われていた、ミステリ要素や推理要素も大胆にカットされていました
円城寺
円城寺
通常であれば、2話分の尺を1話に縮めた代償としてその部分をカットしたのですね
ドロシー
ドロシー
それ以外にラブコメ的な部分もカットされていたわね

ミルヴァートンの絡ませ方

結婚繋がり

オペレーター
オペレーター
メアリー・モースタンが脅迫されているという設定にして、そこに脅迫王ミルヴァートンを絡ませてきました
ドロシー
ドロシー
次回は、原典でミルヴァートンが登場する「犯人は二人」というエピソードだけど、ミルヴァートンが脅迫する相手が、結婚を控えた令嬢なのよね。そこを四つの署名で、ジョン・ワトソンの婚約者として登場するメアリー・モースタンを絡ませてきたのね。中々、考えた上手い設定だと思う
ひとみん
ひとみん
結婚を控えた令嬢と言う、共通項でつなげたのね

スポンサーリンク

ミルヴァートンの意図

円城寺
円城寺
わざわざシャーロックの相棒である、ワトソンの婚約者を脅迫したのだから、其処には何か意図が有りますよね
ドロシー
ドロシー
それをシャーロックが読み解くことが出来るかよね。見所は。
結婚を控えた令嬢と言う共通項で、ミルヴァートンを絡ませてきた

モリアーティ×ミルヴァートンにシャーロックがどう絡むのか

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST