風雅なオフタイム
オフタイムをエンジョイする大人の為のブログ
オッドタクシー

【考察】オッドタクシー第13話感想レビュー 「どちらまで?」「地獄まで」じゃない事を祈りたいエンディング 

オッドタクシー#13
オペレーター
オペレーター
オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第13話「どちらまで?」の感想レビューです。ラストは、「どちらまで?」が「地獄まで」じゃない事を祈りたいエンディングでした。カーチェイスの結果、海に落ちた小戸川を助けるスーパーウーマン。回収された伏線は、小戸川の病気、イマジナリーフレンドの正体など、ほぼ大方の予想通りでした。
円城寺
円城寺
三矢ユキ殺害の真犯人も大本命でしたが、終わり方が非常にコワイ終わり方でしたね

 

どちらまで?

ストーリーライン

ひとみん
ひとみん
↓ネタバレOKな方は、右のマークをポチっとしてあらすじを見てね
あらすじ ネタバレ →
  • STEP01
    視覚失認
    カーチェイスの結果、海に落ちる小戸川。小戸川の病気は、高次脳機能障害による視覚失認だった。人間が動物に見える病気だった。海に落ちた小戸川を助ける白川。助けられた小戸川は、視覚失認が治っていた
  • STEP02
    1億円
    三矢ユキ殺害犯として逮捕される二階堂ルイ。山本、ヤノ一派も死体遺棄として逮捕される。今井は、小戸川の見舞いに来て、お礼として1億円を渡す
  • STEP03
    どちらまで?
    小戸川の押し入れにいたのはネコだった。小戸川のタクシーに乗る三矢ユキ殺害の真犯人。

やはりネコ

オペレーター
オペレーター
小戸川の押し入れにいたのはネコでした
ドロシー
ドロシー
ここまで来たら大したネタじゃないので、割とあっさり伏線回収してたわね

スポンサーリンク

 

視覚失認だけか?

キャラが『人間』の姿に

オペレーター
オペレーター
小戸川の病気は「高次脳機能障害による視覚失認」でした。キャラが動物の姿だったのは、小戸川にそう見えていたからで、Bパートからはキャラが『人間』の姿になっていました
ドロシー
ドロシー
これも大方の予想通りね。虐められていて、人間が怖いという「心理的防衛機制」もあったのかもしれないわね
円城寺
円城寺
単なる脳のケガではなく、精神的なモノがあったかも、っていうことですね
風雅
風雅
心因性視覚障害などですかね
小戸川の病気は、高次脳機能障害と心因性の合わせ技?

男性キャラはそれっぽい

ひとみん
ひとみん
でも、キャラが人間の姿になっても、男は、みんなそれっぽい
円城寺
円城寺
剛力とか、ドブとか、男性キャラはそうですね。白川とかタエ子とか、女性キャラは動物時代の面影は余りないですけど
ドロシー
ドロシー
二階堂ルイはそのままだったけどね。その辺は、小戸川の「女性が苦手」が影響しているのかもね。タエ子とか、動物の姿だから森三中の声でも違和感なかったけどね

なぜか現状維持な人々!?

大門弟が無罪放免?

オペレーター
オペレーター
大門弟が、警察官を続けられるようです

なぜか無罪放免になった大門弟

ドロシー
ドロシー
これは想定外よね。拳銃を私的に使用して、人を撃ったんだから、かなり重い罪で捕まると思ったんだけど
円城寺
円城寺
そもそも、拳銃を持って行方不明って時点で大騒ぎの筈ですけど、警察は異様に呑気でしたからね
ひとみん
ひとみん
あ~でもやっぱりドブを撃ったのは大門弟だったんだ
風雅
風雅
それは誰の眼にもほぼ明らかでしたからね

ドブを撃ったのは大門弟。なので、田中の拳銃には銃弾が残っていた

スポンサーリンク

黒田も捕まらない

オペレーター
オペレーター
小戸川はサウナで黒田に今井からもらった一億円を格納したロッカーのキーを渡します
円城寺
円城寺
ルールは「人を殺さない」ことでしたね
ドロシー
ドロシー
黒田も別にウラが有った訳じゃなくって、単なる慈善活動だったわね
ひとみん
ひとみん
小戸川が1億円わたしてた
風雅
風雅
自分がやった事で、交通遺児に対する支援が滞る事を恐れたんでしょうね
ドロシー
ドロシー
綺麗ごとだけじゃ済まないからね、世の中

アンクル・トリスこと黒田

黒田は、悪い人では無さそう

え~田中も現状維持!?

オペレーター
オペレーター
田中もしれっと職場に戻っていました

職場復帰している田中

ドロシー
ドロシー
さすがにあれだけ拳銃ぶっ放して、傷害、器物損壊じゃないの?!
円城寺
円城寺
これも意外でしたね
ひとみん
ひとみん
でも田中って、ひょっとすると和田垣さくらに利用されていたのかもしれないね
ドロシー
ドロシー
小戸川のタクシーにスマホを忍ばせた事ね。その伏線は回収されなかったけど、その可能性はあるわね

田中は和田垣さくらに操られていたかも!?

場末のホモサピエンス

オペレーター
オペレーター
ホモサピエンスもコンビ継続ですが、ラジオなどの公共の電波からは締め出されたようです
円城寺
円城寺
場末の舞台に立っていましたね。二階堂ルイは、冤罪ですが、現時点では大スキャンダルなので、もっとメディアに追いかけ回されてもいいような気もしますが
ドロシー
ドロシー
死体遺棄や損壊は冤罪じゃないしね。スキャンダルはスキャンダルよ。でも、本人じゃないから、ほとぼりが冷めるとテレビやラジオなんかも大丈夫だと思うけど、元々のお笑い芸人としての実力がないときついかな。話題性はあるけど

スポンサーリンク

恋人が犯罪者(容疑者)と言うだけで、公共の電波から締め出し

ditch-11はドブで確定か

オペレーター
オペレーター
ditch-11については、前回以上の深掘りはありませんでした
円城寺
円城寺
これはもう、ドブで確定ですかね
ドロシー
ドロシー
さすがにそうじゃない?

 

三矢ユキ殺害の真相

誤認逮捕

オペレーター
オペレーター
三矢ユキ殺害犯は考察通りでした。考察の根拠などは12話レビューの『「三矢ユキ殺害犯」考察』の項をご覧ください
【考察】オッドタクシー第12話感想レビュー 資金援助している『謎の財団』とドブ銃撃犯判明!?ditch-11の正体とは?オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第12話「たりないふたり」の感想レビューです。今回は、小戸川の育英資金を出していた謎の財団の正体、大門兄が言った「大きな括りでは最初から仲間」の意味が、最終盤で判明します。また、久々に登場した田中が、ditch-11について、ドブに迫ります。そして、次回はいよいよ最終回。三矢ユキ殺害の真相、小戸川の事故・病気の真相など未解明の謎もたくさん。最終回を「震えて待て!」...
ドロシー
ドロシー
それは予想通りだったけど、二階堂ルイが誤認逮捕されたのは予想外だったわ

誤認逮捕された二階堂ルイ

円城寺
円城寺
おかげで真犯人が自由の身で、あの背筋が凍るラストですからね

背筋も凍る犯行シーン

小戸川は警察に行っているのか?

オペレーター
オペレーター
小戸川は警察に行って、情報提供すると言っていましたが、そうした描写は有りませんでした
ドロシー
ドロシー
行っていないから口封じが出来るということかな
円城寺
円城寺
でも、ドラレコはドブが持っていますけどね
風雅
風雅
警察が、そこまでたどり着けるかどうかですね

お母さんも共犯か?

オペレーター
オペレーター
真犯人のお母さんも共犯でしょうか?けしかけている様にも聞こえましたし、電話の会話も全てを知っている様にも聞こえました

黒幕説もある和田垣母

ドロシー
ドロシー
どちらとも取れる感じよね。その辺は、観ている側の解釈に任せるって言う事じゃないかしら

スポンサーリンク

小戸川は気づかない?

オペレーター
オペレーター
ラストシーン。果たして、小戸川は真犯人に気づくでしょうか?
円城寺
円城寺
今まで、動物に見えていたので、人間に見えるようになって気づかないかもしれないですね
ドロシー
ドロシー
今井とかも、最初は気づかなかったしね。でも、しゃべると気づくんじゃない?

タエ子の描写は惜しかった

ドロシー
ドロシー
”恐怖心を煽る”という意味では、タエ子の描写は惜しかったわね
円城寺
円城寺
最後「貸し切りの紙」を張っている所ですよね

貸し切りの張り紙をするタエ子

ドロシー
ドロシー
そう。あれが「貸し切りの紙」を剝がしている所で、「幸せのボールペン」をタエ子が所持していたら、もっとコワイ話になっていたわ
ひとみん
ひとみん
ラストシーンで犯人が「幸せのボールペン」を待っている描写が、より不気味になる
タエ子の描写は宴会後で、「幸せのボールペン」を持っていて欲しかった

 

「未回収の伏線」考察

和田垣さくらと田中の関係

オペレーター
オペレーター
一方、いくつか未回収のままの伏線もあります。和田垣さくらと田中の関係もその一つです
ドロシー
ドロシー
これは、ひとみんが「実は和田垣さくらが、田中を利用したのでは」説を出していたけど、そういう事を解釈する余地を残したってことね

白川はスーパーウーマン?!

オペレーター
オペレーター
白川が小戸川の居所を知っていた理由も未回収でした
ドロシー
ドロシー
これは、男のファンタジー枠よね
ひとみん
ひとみん
男のファンタジー枠?
ドロシー
ドロシー
美人で強いスーパーヒロインが、冴えない主人公に何故か無償の好意を向ける、「なろう」の遥か以前、それこそオヤジ世代が少年マンガを読んでいた頃からの鉄板の設定じゃん

白川は、オヤジ世代の懐かしのスーパーヒロイン

円城寺
円城寺
ドロシー何って言う事を

 

全話通して

ドロシー
ドロシー
観る前は、変化球過ぎて全然期待してなかったの
オペレーター
オペレーター
アニメ制作は、株式会社ピクスと株式会社オー・エル・エムの共同製作ですが、ピクスはアニメに目ぼしい実績は無く、ミュージックビデオやプロジェクションマッピングなどを手掛けている会社です。オー・エル・エムは、ポケットモンスターなどキッズアニメを主に手掛けている会社です
円城寺
円城寺
異色ですよね
風雅
風雅
それだけに失敗を恐れずに思い切ったことが出来たかもしれませんね
低コストでもアイデアで勝負という作品でした
円城寺
円城寺
最終回やや駆け足でしたが、伏線は殆ど大方の予想通りでしたね。終わり方が大団円ではなく、ホラーっぽい終わり方なのが印象的でした

 

<関連記事>

【考察】オッドタクシー 和田垣と柴垣の共通点「偽三矢ユキ」 和田垣さくら編カワイイ動物のキャラを使いながらディープな社会を描く社会派アニメ「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、偽三矢ユキこと、和田垣さくらにフォーカスします。和田垣さくらのパーソナル考察を中心に、ホモサピエンス柴垣との共通点、作者の此元和津也が自己投影している可能性の考察から、和田垣さくらがサイコパス、ソシオパスのどちらなのかと言った考察を行います。...
【考察】オッドタクシー キャラ別全話振り返りレビュー 歌って戦う美人看護師 白川編オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、白川美保にフォーカスします。白川は所謂ヒロイン的な位置づけで、小戸川の危機を度々救ったりしますが、一方で、犯罪に手を染めたり、小戸川にハニートラップを仕掛けたり、一筋縄ではいかないキャラです。そんな白川の薄幸な面や、スーパーヒロインな面、なぜ工事現場に現れて山本を倒せたのかなどを振り返ります。...
【考察】オッドタクシー ネタバレ 金剛石は再び輝けるか 二階堂ルイ編 オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、二階堂ルイにフォーカスします。マネージャ山本から、金剛石に例えられた二階堂ルイ。果たしてその本性は?彼女の軌跡、これから、周囲との関係を考察します。...
【考察】オッドタクシー キャラ別全話振り返りレビュー ドブ編 ドブがditch-11である確証『けどな、ヤノ。お前の親はボス、お前の兄弟は俺だ』アニメ「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、ドブにフォーカスします。悪人であり、主人公の小戸川から白川との関係を嫉妬されて忌み嫌われるドブですが、なぜかオーディエンスには好感度が高いようです。作中での言動や相関関係を元に、その魅力に迫るとともに、ドブがditch-11であることの確証を確認します。(ドブの名言)「他人から認められたいからだろ?なぜ他人から認められたいかと言うと自己肯定感が低いからだ。自分に対する極端な否定と嫌悪。そういうとこが自己愛強いって言ってるんだ。普通の奴はそこまで自分に興味ない」...
【考察】オッドタクシー 白川が山本に襲われている小戸川の居所を特定できた理由と、田中・和田垣の関係衝撃のラストシーンで終わったテレビアニメ「オッドタクシー」。アニメでは説明されずに残った謎ですが、その幾つかは、小説版や漫画版で補完されています。『アニメ10話にて、小戸川が山本に襲われた際、白川が助けたが、なぜ白川に小戸川の居所がわかったか?』、『アニメ5話で、和田垣さくら(ニセ三矢ユキ)が、田中から渡されたスマホを小戸川のタクシーに忍ばせたが、和田垣さくら(ニセ三矢ユキ)と田中の関係は?』の2つの謎について、説明されている事を整理します。...
【考察】オッドタクシー第12話感想レビュー 資金援助している『謎の財団』とドブ銃撃犯判明!?ditch-11の正体とは?オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第12話「たりないふたり」の感想レビューです。今回は、小戸川の育英資金を出していた謎の財団の正体、大門兄が言った「大きな括りでは最初から仲間」の意味が、最終盤で判明します。また、久々に登場した田中が、ditch-11について、ドブに迫ります。そして、次回はいよいよ最終回。三矢ユキ殺害の真相、小戸川の事故・病気の真相など未解明の謎もたくさん。最終回を「震えて待て!」...
【考察】オッドタクシー キャラ別全話振り返りレビュー ドブ編 ドブがditch-11である確証『けどな、ヤノ。お前の親はボス、お前の兄弟は俺だ』アニメ「オッドタクシー」。群像劇でもあり、通常の全話振り返りを行うと、整理が難しいので、キャラ別に振り返りを行いたいと思います。今回は、ドブにフォーカスします。悪人であり、主人公の小戸川から白川との関係を嫉妬されて忌み嫌われるドブですが、なぜかオーディエンスには好感度が高いようです。作中での言動や相関関係を元に、その魅力に迫るとともに、ドブがditch-11であることの確証を確認します。(ドブの名言)「他人から認められたいからだろ?なぜ他人から認められたいかと言うと自己肯定感が低いからだ。自分に対する極端な否定と嫌悪。そういうとこが自己愛強いって言ってるんだ。普通の奴はそこまで自分に興味ない」...
【考察】漫画版オッドタクシー コミカライズ第12話感想レビュー 補完された三矢と田中の接点オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。そのコミカライズ版2巻第12話の感想レビューです。アニメでは説明されなかった、三矢ユキの行動や田中との接点などが補完されています。田中の狂気に目が奪われがちになるエピソードですが、三矢ユキの言動や小戸川と山本のやり取りに、重大な伏線や情報が散りばめられており、シナリオのち密さに感嘆とさせられるエピソードでした。...
【考察】オッドタクシー第4話感想レビュー 「持たざる者の革命」田中革命の本質に迫るオヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第4話「田中革命」の感想レビューです。アニメとコミカライズの両方を元に「田中革命」を考察します。シリーズ全体では、ナレーションやモノローグ無しで、会話と映像言語で展開させる作品ですが、この第4話は例外で、ほぼ田中のモノローグでストーリーは進みます。また、『ズーロジカルガーデン』のガチャに挑戦!や、ditch-11考察などもあります。...
【考察】オッドタクシー第2話、第3話感想レビュー 白川がGPSをタクシーに仕掛けたタイミングはココだ!オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第2話「長い夜の過ごし方」&第3話「付け焼き刃に御用心」の感想レビューです。アニメ10話にて、小戸川が山本に襲われた際、白川が助けましたが、なぜ白川に小戸川の居所がわかったか、については明確な説明は有りませんでした。そちらの種明かしについては、こちらの記事に纏めていますが、この記事では、白川が小戸川のタクシーにGPSを仕掛けたタイミングを考察します...
【考察】オッドタクシー第1話感想レビュー 映像言語と会話劇で魅せるディープなミステリ作品オヤジの憩いアニメ、「ウィ・アー・ザ・ワールド」世代にささるギャグ満載の「オッドタクシー」。第1話「変わり者の運転手」の感想レビューです。ナレーションが無く、モノローグも少なく、映像言語と会話劇でストーリーが進む作品です。ディープな世界観の中、シニカルな主人公、小戸川の会話を中心にストーリーは進みますが、要所で巧みな伏線とミステリー要素が混ぜられて、病みつきになる要素に満ちています。...

 

ABOUT ME
風雅クラブ
日本のポップカルチャーを風雅に楽しみたいクラブです。
RELATED POST